Webマーケティング

Webマーケティングに強い転職エージェント!未経験でも転職成功させるポイントも!

Webマーケティングに強い転職エージェント!未経験でも転職成功させるポイントも!
Webマーケティング職への転職におすすめの転職エージェントって?
Webマーケティング職に転職するためにはどうすればいいのかな?

こんな悩みを抱えていませんか?

Webマーケティング職への転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントはあなたの転職のパートナーとして、書類添削や面接対策、求人紹介など、様々なキャリア支援を行ってくれます。

この記事では、Webマーケティング職へ転職する際に利用したい転職エージェントや転職成功のコツについて詳しく解説しています。

各転職エージェントで扱っているWebマーケティングの求人例も紹介しているので、参考にしてください。

この記事を書いた人

クマパン

クマパン

フリーランス
SEOコンサルタント

  • 大学生のフリーランスSEOコンサルタントとして活動中!
  • ブログの最高月収300万円!
  • 「ブログラミングスクール おすすめ」などのキーワードで検索1位を取得!
  • Webマーケティングの魅力を伝えたい!
  • 多くの人がブログを通じて、幸せになる世の中を作りたい

鈴木晴勝@母大好き大学生×SEOマーケター(@seo_harumasa)

マスメディアン

ココがおすすめ!

  • 「サイバーエージェント」や「ADKグループ」などの超大手企業も!
  • マーケティング・クリエイティブ職種に強い転職エージェント
  • 仕事の内容・給与も自分の希望通りの転職先が見つかる!

詳しくはコチラ

Webマーケティング職に強い転職エージェントについてざっくり言うと……

  • Webマーケティングは人気職なため転職エージェントの利用がおすすめ
  • 転職の可能性が高いことが伝われば優先的にサポートを受けられる
  • 転職エージェントは1社ではなく複数社利用する
  • Webマーケティング職への転職におすすめの転職エージェントはリクルートエージェント・doda・マイナビエージェント
  • 専門特化転職エージェントのレバテックキャリア・マスメディアンの利用もおすすめ

先におすすめの転職エージェントを見る!

Webマーケティングに転職する際は転職エージェントの利用がおすすめ

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティングに転職する際は転職エージェントの利用がおすすめ

Webマーケティングに転職する際には、転職エージェントの利用がおすすめです。

しかし、「なんでわざわざ転職エージェントを利用するの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

ここでは、Webマーケティングへの転職に転職エージェントを利用すべき理由を下記の内容で解説します。

Webマーケティングは手法によって選ぶ企業が分かれる

転職エージェントを利用する理由として、Webマーケティングは手法によって選ぶべき企業が分かれることがあげられます。

一口にWebマーケティングと言っても、下記のように手法が細かく分かれており、それぞれで必要な知識も違います。

Webマーケティング手法の例

  • SNS運用
  • Web広告
  • アフィリエイト広告
  • SEO対策

自分自身の保有スキルを考えたうえで、そのスキルが活かせる転職先を一人で探すのは大変です。

転職エージェントならば、あなたの経験やスキルをヒアリングし、最適な求人を紹介してくれます。

自分で求人サイトを探し回ることも必要ないため、効率的に転職活動が行えるでしょう。

次に、Webマーケティング職が人気職なため、自力での転職が難しいことがあげられます。

現在、日本の広告業界において、インターネット広告費がテレビ広告費を抜いて1位になっています。

下記は、広告業界大手の電通が行った日本の広告費に関する調査結果です。

【2021年日本の広告費】

媒体 広告費(億円) 前年比(%)
インターネット 27,052 121.4
テレビ 18,393 111.1
新聞 3,815 103.4
ラジオ 1,106 103.8
雑誌 1,224 100.1

上記結果からもわかる通り、日本の広告業界はインターネット広告費が一番多く、成長率も高いです。

今後さらに需要が高くなることも予想されているため、Webマーケティング職を志望する人も増加しています。

最近では中途のみならず、新卒を採用する企業も増えているため、よりライバルも多くなるでしょう。

転職のためには万全な対策が必要になるため、転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職サイトは求人を探す場合の利用はあり

「取りあえず求人を見てみたい」という場合には、転職サイトを利用するのもよいでしょう。

転職サイトは、転職エージェントのような求人紹介や書類添削といったサービスはありませんが、自分で自由に求人を検索できる利点があります。

また、掲載料が転職エージェントよりも安いといった理由から、中小企業も多く求人を掲載をしています。

思わぬ優良企業や興味深いスタートアップ企業と出会える可能性もあるため、興味がある人は見てみましょう。

先におすすめの転職エージェントを見る!

Webマーケティングへの転職におすすめな転職エージェント

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティングへの転職におすすめな転職エージェント

転職エージェントの上手な利用方法を解説しました。

ここからは実際に、Webマーケティング職への転職におすすめの転職エージェントを見ていきましょう。

Webマーケティング職への転職におすすめの転職エージェントの比較表は、以下の通りです。

転職エージェント 特徴
doda 転職サイトとしても使える老舗転職エージェント。
キャリアアドバイザーの質が高い。
リクルートエージェント 求人数が非常に多い。
公開求人と非公開求人を合わせて45万件もの求人から転職先を探せる。
マイナビエージェント 20代や第二新卒の転職が得意な転職エージェント。
サポート期限がなく長期的スパンで使うことも可能。
レバテックキャリア IT専門の転職エージェント。
専門特化だからこそ扱っている優良求人と出会える可能性も。
マスメディアン 広告系専門の転職エージェント。
独占求人として大手求人とも出会える。

doda

Webマーケティング_転職エージェント_doda

出典:doda

dodaは、テレビCMなども打たれている有名な転職エージェントです。

人材紹介業を営んで20年以上にもなる老舗転職エージェントでもあるため、豊富な転職実績と転職ノウハウを持っています。

特にキャリアアドバイザーの質に関して良い評判が多く「面接対策をしっかりと行ってくれた」という声もあげられています。

また、転職サイトとして自由に求人を選ぶといった使い方もできるため、自分のペースで転職したい人にもおすすめです。

「キャリアアドバイザーから質の高いサービスを受けたい」「実績のある転職エージェントを使いたい」という人は、dodaを利用してみましょう。

dodaの求人例

Webマーケティング_転職エージェント_dodaの求人例

出典:doda

上記は、dodaに掲載されているWebマーケティング職の求人です。

経験者であれば月35万円を目指すことができ、女性が活躍できる企業運営を行っているようです。

未経験でも戦力となれるよう研修にも力を入れているため、「これからWebマーケティングに挑戦したい」という人でも積極的にチャレンジできます。

dodaでは、このような未経験歓迎の求人にも出会えます。

興味がある人は登録して、早速使ってみましょう。

リクルートエージェント

Webマーケティング_転職エージェント_リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、豊富な求人数を保有している転職エージェントです。

2022年5月現在リクルートエージェントでは、約20万件もの公開求人を扱っています。

非常に多くの求人を扱っているので、あなたに合ったWebマーケティングに関する求人にも出会えるでしょう。

また、リクルートエージェントでは、非公開求人も25万件扱っています。

非公開求人とは、一般に公開すると応募が殺到することが予想される求人のことで、優良求人である可能性が高いです。

高年収が期待できることもあるため、Webマーケティングのスキルや経験がある人は大きなキャリアアップも狙えます。

「多くの求人と出会いたい」という場合は、リクルートエージェントを利用しましょう。

リクルートエージェントの求人例

Webマーケティング_転職エージェント_リクルートエージェントの求人例

出典:リクルートエージェント

上記はリクルートエージェントに掲載されているWebマーケティング関連企業の求人情報です。

こちらの求人も未経験から挑戦することができ、大手企業をクライアントに持つ独自ノウハウを働きながら学べます。

必須経験として法人営業の経験が記載されているため、営業職からWebマーケティング職に転職したい人におすすめです。

リクルートエージェントでは、2022年5月現在Webマーケティングに関する2,000件以上の求人を扱っています。

より多くの求人を見たい人は、登録してみましょう。

マイナビエージェント

Webマーケティング_転職エージェント_マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

「転職が初めてで不安」という人には、マイナビエージェントの利用がおすすめです。

マイナビエージェントは、20代や第二新卒といった若手の転職サポートを得意としている転職エージェントです。

転職が初めての人でも安心できるよう「職務経歴書ってどう書くの?」「自己分析のやり方は?」といった初歩的な質問にも応えてくれます。

また、マイナビエージェントの最大の特徴は、転職サポートを無期限で受けられる点です。

一般的に転職エージェントでは、「面談から○ヶ月以内まで」といった形でサポートに期限が設けられています。

しかし、マイナビエージェントでは、転職に成功するまで何度でも利用することが可能です。

期間を気にせずサポートを利用できるため、「時間がかかってもWebマーケティング職に転職したい」という人は登録しましょう。

マイナビエージェントの求人例

Webマーケティング_転職エージェント_マイナビエージェントの求人例

出典:マイナビエージェント

上記は、マイナビエージェントに掲載されているWebマーケティング関連企業の求人です。

BtoCマーケティングのデータ解析やマーケティング施策の策定業務を行います。

本求人は経験者のみの採用となっているため、デジタルマーケティングの経験がある人は挑戦してみましょう。

マイナビエージェントでは、このようなWebマーケティング職の求人を公開求人だけで2022年5月現在、218件掲載しています。

また、非公開求人も188件保有しているため、優良求人と出会える可能性もあるでしょう。

丁寧なサポートを受けながら、上記のような求人を探したい人は登録がおすすめです。

レバテックキャリア

Webマーケティング_転職エージェント_レバテックキャリア

出典:レバテックキャリア

「Web関連に詳しい転職エージェントを利用したい」という人には、レバテックキャリアがおすすめです。

レバテックキャリアは、ITやWeb関連の求人紹介に特化した転職エージェントです。

元々システム開発会社を営んでいた企業がサービスを運営しているので、ITやWebに関する専門知識を持つキャリアアドバイザーが多く在籍しています。

実際に「キャリアアドバイザーと技術的な深い話ができた」という評判もあるため、Webマーケティングに関してより専門的なアドバイスが欲しい人におすすめです。

ITやWeb専門だからこそ扱っている優良求人に出会える可能性もあるため、ぜひ利用してみましょう。

レバテックキャリアの求人例

Webマーケティング_転職エージェント_レバテックキャリアの求人例

出典:レバテックキャリア

上記はレバテックキャリアに掲載されているWebマーケターの求人情報です。

必須スキルとして受託型企業でのWebマーケターとしての経験や、SEOの知識があげられています。

また、未経験採用も行っておりWebマーケターに準ずる実務を2年以上行っている場合は、選考を受けられるようです。

レバテックキャリアでは、上記のように経験者未経験者問わず挑戦できる求人が取り揃えられています。

キャリアアドバイザーもWebやIT業界に精通した人たちばかりなため、専門的なアドバイスも期待できるでしょう。

専門特化として、登録しておきたい転職エージェントです。

マスメディアン

Webマーケティング_転職エージェント_マスメディアン

出典:マスメディアン

マスメディアンは、広告関連の求人を専門に扱っている転職エージェントです。

当然、Webマーケティングに関する知識が必要となるWeb広告関連会社の求人も多く扱っているため、登録しておいて損はないでしょう。

在籍しているキャリアアドバイザーも、広告業界出身者や専門知識がある人たちばかりなため、業界に関する具体的なアドバイスも期待できます。

「広告関連会社の求人を多く見たい」という人は、登録してみましょう。

マスメディアンの求人例

Webマーケティング_転職エージェント_レバテックキャリアの求人例

出典:マスメディアン

マスメディアンでは、日本三大メガバンクのデジタルマーケティングの求人が掲載されていました。

大手企業の法人向けサービスのマーケティング施策の策定業務に携わります。

選考を受けるためには法人向けのマーケティング業務経験が必須となっていますが、経験さえあれば誰でも挑戦可能です。

マスメディアンは広告関連専門の転職エージェントなため、ここでしか扱っていない大手企業の求人と出会うこともできます。

専門知識を活かしてキャリアアップしたい人は、登録して利用してみましょう。

Webマーケティングへの転職におすすめな転職サイト

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティングへの転職におすすめな転職サイト

Webマーケティング職への転職におすすめの転職エージェントを紹介しましたが、より多くの求人と出会うためには転職サイトの利用もおすすめです。

転職サイトは転職エージェントとは違い、自分で求人を探し選考を受ける必要がありますが、自分のペースで転職活動ができるというメリットもあります。

まずはWebマーケティング職への転職におすすめ転職サイトを下記にまとめたので、ご確認ください。

転職サイト 特徴
リクナビNEXT リクルートエージェントを運営する株式会社リクルートの転職サイト。
大手として求人情報を豊富に掲載している。
ビズリーチ スカウト型転職サイトとして有名。
年収600万円以上のハイクラス求人と出会える可能性も。
Green IT専門の転職サイト。
掲載量が無料なためベンチャー企業やスタートアップ企業が多い。

リクナビNEXT

Webマーケティング_転職エージェント_リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、おすすめの転職エージェントでも紹介したリクルートエージェントを運営している株式会社リクルートの転職サイトです。

大手の人材紹介会社が運営しているため、扱っている求人数が非常に多いという特徴があります。

2022年5月現在ではWebマーケティングに関する求人を1,000件以上扱っているため、自分に合う求人も探しやすいでしょう。

多くの求人をチェックしたい人は、リクナビNEXTを利用してみてください。

ビズリーチ

Webマーケティング_転職エージェント_ビズリーチ

出典:ビズリーチ

年収600万円以上などのハイクラス求人を探している人には、ビズリーチの利用もおすすめです。

ビズリーチはスカウト型の転職サイトとしても有名で、CMも放送されています。

経歴やスキルを登録しておくことで、企業やヘッドハンターからスカウトを受けられます。

登録企業に関して独自の厳しい審査を設けているため、利用することで良い条件を提示できる企業と多く出会えるでしょう。

実際に利用するためには、自分自身にも相当な経歴やスキルが必要になりますが、自分の経験に自信がある人は大きなキャリアアップも可能です。

「自分の市場価値を確かめたい」「ハイクラス求人に挑戦したい」という人は、ビズリーチを利用してみましょう。

Green

Webマーケティング_転職エージェント_Green

出典:Green

Greenは、ITやWeb関連企業の求人を多く扱う転職サイトです。

掲載費が無料であることから、一般の転職サイトでは掲載されないスタートアップ企業やベンチャー企業の求人に多く出会える特徴があります。

スタートアップ企業は、体制もまだしっかりとできていないこともあるため、転職して即役職に就くことも狙えます。

「挑戦的な会社を目指したい」「若いうちから管理職を経験したい」という人は、Greenで求人を探してみましょう。

Webマーケティングへの転職を成功させる転職エージェントの使い方

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティングへの転職を成功させる転職エージェントの使い方

Webマーケティング職に転職する際、転職エージェントは心強い味方になってくれます。

しかし、正しい利用方法を知らなければ、その効果を最大限に発揮できません。

ここでは、Webマーケティング職への転職を成功させるための転職エージェントの使い方を解説します。

希望条件はあらかじめ明確にしておく

転職エージェントを上手に利用するためには、あらかじめ希望条件を明確にしておくことが大切です。

転職エージェントは、初回面談の際に希望条件を細かくヒアリングしたうえで求人を紹介してくれます。

あなた自身の希望条件が曖昧なままだと、転職エージェント側もどんな求人を紹介すべきなのかわかりません。

場合によっては的外れな求人を紹介されてしまうため、希望条件は前もってまとめておきましょう。

希望条件を考える際のコツは、絶対に叶えたい最低条件を3つくらいに押さえておくことです。

転職の求人探しにおいて、全てが自分の希望通りの求人に出会えることはほぼありません。

そのため、あれもこれもと条件を細かく決め過ぎると結果的に紹介できる求人がなくなってしまう場合もあります。

求人の希望条件を考える際は、以下を参考にして最低限叶えたい条件を3つくらいに絞りましょう。

求人を絞るための希望条件例

  • 年収450万円以上
  • SEO対策をメインに扱う企業
  • 一都三県から通勤可能な距離

明確な希望条件を絞りきることで、出会える求人の幅も広げられます。

条件が合えばすぐ転職したいと伝える

転職エージェントを利用する際には、条件が合えばすぐにでも転職したいと伝えることがおすすめです。

転職エージェントは全ての転職希望者が無料で利用できるサービスですが、利用者のサポートは優先順位が高い順に行われます。

この優先順位は、転職の意欲や転職できる可能性が高い人ほど優先される仕組みとなっているので、転職に意欲的な姿勢を見せることが大切です。

すぐにでも転職したいとわかれば、転職エージェントも求人紹介やサポートを優先的に行ってくれます。

推薦文は自分でもチェックする

転職エージェントは求人に応募する際、あなたの推薦状を企業に提出してくれます。

一般的に転職エージェントの推薦文には以下のようなことが書かれています。

転職エージェントの推薦文に書かれていること

  • どんな人柄か
  • どういった経験が御社の役に立つか
  • 希望する年収はいくらか

転職エージェントからの推薦状は、企業に提出前に必ず自分でも確認しておくことがおすすめです。

面接の前に確認しておけば、転職エージェントとの認識のズレがないか修正できるだけでなく、きちんと推薦文が書かれているかもチェックできます。

ほとんど起こりえないことですが、極まれに推薦文が「面接で本人に直接聞いてください」という一文のみが書かれているといった低品質なこともあります。

推薦文の質を確かめる意味でも、チェックは忘れずに行いましょう。

推薦文は、書類選考が通った段階でエージェントに対して「推薦文を確認したい」と連絡すれば確認できます。

合わない担当者はすぐに変更する

転職エージェントを利用する際は、一人ひとりに対して専属のキャリアアドバイザーがついてくれます。

もし、「自分とは合わないな」と感じるキャリアアドバイザーに当たった場合は、すぐに変更を申し出ましょう。

キャリアアドバイザーとの関係性は、転職を成功させるために非常に重要です。

キャリアアドバイザーとの面談では、あなたの今までの経歴や今後のキャリアプランやライフプランを包み隠さず話すようにしましょう。

その際、担当のキャリアアドバイザーとの相性が悪いと、心を開いて相談しにくくなってしまいます。

場合によっては「素直に希望条件を伝えられない」との気持ちから、理想とかけ離れた求人に応募してしまうこともあるでしょう。

担当者と相性が悪いと感じた場合は、変更をおすすめします。

面接日程は余裕をもって設定する

転職エージェントを利用する際は、面接日程を余裕を持って設定してもらいましょう。

転職エージェントの中には、早く売り上げを立てたいばかりに、無理な転職スケジュールを組んでくるエージェントもいます。

あまりにも面接日程が詰まってしまっている場合は、1つ1つの求人に対する思い入れも薄まってしまうため、おすすめできません。

思い入れが低いため「取りあえずどこかに引っかかればいいや」という気持ちで転職先を選んでしまい、結果的に後悔してしまう可能性もあるでしょう。

面接を受ける際は、1週間に1社か2社程度にし企業研究などに時間を避けるよう調整することがおすすめです。

複数の転職エージェントを利用する【おすすめは総合型サイトと 特化型サイト】

転職エージェントを利用する際は、複数の転職エージェントを併用するようにしましょう。

転職エージェントは、そのエージェントごとに保有する求人や転職サポートといった強みに違いがあります。

複数の転職エージェントを併用することで、それぞれの強みを最大限に活かすことも可能です。

また、多くのキャリアアドバイザーにも出会えるため、あなたに合ったアドバイザーと出会える確率も高くなるでしょう。

特におすすめしたいのが、総合型サイトと特化型サイトを併用する事です。

Webマーケティング転職エージェント

出典:https://shihonshugi-koryaku.com/webmarketing-tenshoku/

総合型サイトとは?

  •  幅広い業種・業界を取り扱っている転職サイト。広く浅く業界を知ることができる

例) リクルートエージェント、doda、リクナビNEXT…

特化型サイトとは?

  • 特定の条件(若手向け、ハイクラス向け、業界特化 etc)に限定している転職サイト

例) ビズリーチ、マスメディアン、マイナビジョブ20’s、ウズウズ、JACリクルートメント…

総合型サイトと特化型サイトにはそれぞれメリット・デメリットがあるので両方を使うことで、転職をより有利に進めることができるでしょう。

Webマーケティングの主な転職先

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティングの主な転職先

おすすめの転職サービスを多く紹介してきましたが、「具体的にWebマーケティング職ってどんな企業を狙えばいいの?」という疑問もあるでしょう。

Webマーケティング職を行うためには、以下の企業への転職がおすすめです。

Webマーケティング職への転職におすすめの企業

Webマーケティング事業会社

Webマーケティングスキルを活かせる職場として、まずWebマーケティング事業会社があげられます。

Webマーケティング事業会社はその名の通り、クライアントのマーケティング支援を行う企業です。

顧客の製品を世に広く知ってもらい、売上を向上させるために、様々なマーケティング施策を請け負います。

Webマーケティング事業会社は、Webマーケティングを専門にしているため、転職することで以下のようなメリットがあります。

Webマーケティング事業会社のメリット

  • 専門事業会社として多くの知識や経験を学べる
  • 複数のクライアントの支援を経験することで業界知識が身に付く

上記の通り、Webマーケティングの専門スキルが身に付いたり、特定の業界に関する知識を深めたりできるでしょう。

「○○業界にはこのマーケティングスキルでの運用が合っている」といった業界特有の傾向についても学べます。

広告代理店

広告代理店は、クライアントに代わって製品の宣伝や戦略立案を行う仕事です。

大手企業で言えば、電通や博報堂といった有名企業があげられるでしょう。

クライアントの販売戦略を考えるほか、広告の作成や運用も行います。

例えば、クライアントの製品の広告を打つための予算策定や市場リサーチといった上流工程から、広告の作成と効果測定といった下流工程の作業があります。

一般的に大手の広告代理店は上流工程を担当し、年収も高いです。

キャリアや経験によっては年収1,000万円を目指すことも、そう難しくはないでしょう。

Webマーケティングに転職するための転職エージェントの利用の流れ

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティングに転職するための転職エージェントの利用の流れ

各転職エージェントで掲載されている求人情報を紹介しました、

実際の求人情報を見たことで「早速挑戦してみたい」と思った人もいるでしょう。

ここからは、転職エージェントの利用の流れを解説します。

以下の流れを理解して、転職エージェントをスムーズに利用しましょう。

公式サイトから転職エージェントに登録

まずは利用したい転職エージェントの公式サイトから、登録しましょう。

登録の際には多くの転職エージェントで、以下の情報の入力が必要です。

転職エージェントの登録に必要な情報

  • 名前や電話番号・年齢等のプロフィール
  • 今までの経歴やキャリア・保有スキル
  • 希望条件

上記3つを入力して登録が完了します。

これらの情報は後々の面談や求人紹介にも利用される情報なため、しっかりと記入しましょう。

キャリアアドバイザーと面談

登録が終わったらキャリアアドバイザーと面談します。

面談は、転職エージェントのオフィスまで行き対面で行う場合と、電話で行う場合があります。

また、業務が忙しい場合などは、キャリアアドバイザーに職場や自宅の近くまで来てもらうことも可能です。

さらに現在は、コロナの影響もありネット電話で面談を実施しているエージェントも多いです。

面談は、登録情報をさらに深掘りするために行われます。

転職の理由や転職で叶えたい目標など、嘘偽りなくキャリアアドバイザーに伝えましょう。

求人紹介

面談後は、担当のキャリアアドバイザーが求人を探して紹介してくれます。

気に入った求人があった際は、実際に応募してみましょう。

また、逆に紹介された求人が気に入らない場合は、しっかりと断ることも大切です。

その際は、選考を受けようと思わなかった理由も伝えておきます。

提案してくれた求人のフィードバックをしっかりと行うことで、次回の求人探しに活かしてくれます。

書類添削や面接対策の実施

実際に受ける求人が決まったら選考に進みます。

書類選考や面接に受かるために、キャリアアドバイザーが経歴書の添削や面接対策を実施してくれます。

また、このタイミングで企業に対して推薦状を出してくれるので必ず確認しましょう。

年収交渉などアフターフォロー

面接を通り晴れて内定を得た後は、年収交渉も代行してもらえます。

せっかく内定が出ても想定年収よりも低くく、受けるべきか悩んでしまう場合は利用しましょう。

また、退職に向けたアフターフォローもしてくれ、円満退社に必要な対策についてもアドバイスがもらえます。

【未経験は難しい?】Webマーケティングの年収など転職事情

Webマーケティング_転職エージェント_【未経験は難しい?】Webマーケティングの年収など転職事情

転職エージェントの利用方法を解説しましたが、「もっと詳しくWebマーケティング業界の転職事情について知りたい」という人もいるでしょう。

ここからは、転職に向けた一歩を踏み出せるようWebマーケティング業界の転職事情を以下の内容で解説します。

未経験可の求人は存在するが厳しい

Webマーケティング業界に未経験から転職したいという人も多いでしょう。

結論から言えば、未経験からWebマーケティング業界に転職することは難しいです。

未経験可の求人自体は存在するものの、Webマーケティングは人気職ということもあり、業界経験者も多く転職市場に乗り出しているからです。

たとえ未経験可の求人であっても、同じ求人を狙うライバルとして経験者がいることも珍しくないため、内定を勝ち取るのは大変でしょう。

未経験からWebマーケティング職に転職する際には、スキルや実績を積んでからチャレンジすることがおすすめです。

具体的な方法については、「未経験からWebマーケティング職に転職を成功させるには?」で詳しく解説しているので参考にしてください。

Webマーケターの需要は伸びている

Webマーケティング職に未経験から転職することは難しいですが、Webマーケター自体の需要は増加傾向にあると言えます。

例えば、ネット広告を代表するアフィリエイト業界は、年々市場規模が拡大しています。

下記は、矢野経済研究所が発表している国内アフィリエイト市場規模の推移と予測です。

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケターの需要は伸びている

出典:矢野経済研究所

このグラフからもわかる通り、国内のアフィリエイトの市場規模は年々増加を続けており、この流れは今後加速することが予想されています。

市場規模が増大するということはそれだけWebマーケターも必要になるので、今後もWebマーケターの需要は高まると予想できるでしょう。

Webマーケティングの将来性に関しては以下の記事を参考にしてください。

Webマーケターの平均年収は約520万円と高い

年収
Webマーケター(会社員) 466万円
Webマーケター(フリーランス) 600~840万円
一般的な日本人の会社員 436万円

Webマーケターの平均年収は、国税庁の調べでは466万円と高額です。

厚生労働省が発表している令和2年民間給与実態統計調査によると、日本の平均年収は433万円です。

Webマーケターは平均よりも90万円ほど高い年収となっているため、転職できれば平均以上の生活を送れるでしょう。

またフリーランスとして独立した際にはさらに編集は上がります。

Webマーケターになることで、大きく年収をあげることができるでしょう。

Webマーケティングへの転職に必要な経験

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティングへの転職に必要な経験

Webマーケターの需要や年収の高さを見て、「実際に転職したい!」という思いを強くした人もいるでしょう。

ここからは、Webマーケティング職に転職するために必要となる経験について解説します。

具体的には、以下の経験が必要です。

サービスの立ち上げから運用に携わった経験

Webマーケティング職に転職するためには、新規サービスの立ち上げや運用に携わった経験があるとよいでしょう。

特にクライアント業務を請け負う企業に転職する場合は、サービス運用の経験は必須です。

しかし、Webマーケティング業界で既に働いている人以外は、このような経験を積むことは難しいでしょう。

Webマーケティング業界以外でサービスの立ち上げや運用を経験したい場合は、自分自身でブログやSNSを開設してみることがおすすめです。

また、クライアントとの仕事を経験したい場合は、クラウドソーシングを通して副業を行ってみてもよいでしょう。

企業が請け負う規模のサイト運用を行うことまではできませんが、業界全体の流れや基本を経験できます。

予算管理や資源管理の経験

Webマーケティングを行う際は、予算内で最大の成果をあげることが求められます。

また、目標に対してどれくらいの人件費がかかるかといった試算も大切です。

無形商材の営業などでは、予算や製品開発に関わる工数の見積を出す機会も多いため、経験がある場合は役立つでしょう。

リーダーとしてのマネジメント経験

Webマーケティング職は、クライアントの売上を上げるためにサイト設計やSEOを活かしたコンテンツ制作を行います。

当然、エンジニアやWebライター、ディレクター等をまとめる力が必要になるため、マネジメント経験がある場合は重宝されるでしょう。

たとえ、小チームのリーダーだとしても、経験がある場合は評価される可能性が高いです。

僕の経験から言って上記の経験を持っていると、転職先でも非常に優遇され年収が高いポジションにつくことができます。

前職がWebマーケティング職ではなくても、上記のような経験を持っておくことで、転職に成功する確率がグッと上がります。

クマパン
実際に僕も、マネジメント経験やサービスの立ち上げから関わった経験があったので、SEOコンサルタントとして活動できるようになりました!

Webマーケティングへの転職に求められるスキル・経験

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティングへの転職に求められるスキル

経験があるからといって、Webマーケティング職に必ず転職できるというわけではありません。

Webマーケターとして活躍するためには、Webマーケティングに関する知識やスキルも当然必要です。

また、リーダーシップを発揮しなければいけない職種でもあるため、人間力も重要視されるでしょう。

ここでは、Webマーケティングへの転職に求められるスキルについて、下記の内容で紹介します。

Webマーケティングに関する知識

Webマーケティング職に転職する際は、Webマーケティングに関する知識は必須です。

一口にWebマーケティングに関する知識と言っても様々な種類がありますが、少なくとも下記の知識については身につけておいた方がよいでしょう。

転職に役立つWebマーケティングのスキル

  • Web広告・SNS運用に関する知識
  • SEOの知識や経験
  • Googleアナリティクス、サーチコンソールなどを使った分析知識

上記知識はWeb広告以外は、独学でも身につけられます。

詳しい独学方法は他の記事でも解説しているので、参考にしてください。

ITに関する基礎的な知識

Webマーケティング職に転職する際は、ITに関する基礎的な知識が必要です。

Webマーケティングはその名の通り、Web上でマーケティングを行う仕事です。

そのため、一般的なIT知識に加えて、プログラミング言語に関する知識なども求められるでしょう。

場合によっては「クリック率を高めるためのボタンデザインの実装」のようにプログラミング言語を操作する機会もあるため、学んでおくことがおすすめです。

具体的には、以下の知識を身につけておきましょう。

転職に役立つITスキル

  • HTML、CSSの基礎知識
  • Javascriptなど動的言語の知識

実際にコーディングする機会はそこまで多くありませんが、知っておいて損はありません。

コミュニケーションスキル

Webマーケティング職は、クライアントを始め、エンジニアやWebライター、デザイナーなど様々な人と協力することが大切です。

立場の違う人たちの意見をまとめなければいけない場合も多いため、コミュニケーションスキルは重要になるでしょう。

コミュニケーションスキルがあると、以下のようなメリットがあります。

コミュニケーションスキルを身につけるメリット

  • クライアントとの交渉が円滑に進む
  • チーム内の連携を強化し高いモチベーションを保つ

Webマーケティングはクライアントと調整を図りながら、チームをまとめる必要があるため、コミュニケーションスキルは多いに役立ちます。

情報収集力

Webマーケティング職では、情報収集力も大切です。

Webマーケティングの手法は、日々進化しています。

またSEOなどは、Googleのさじ加減一つで大きく変動することも珍しくありません。

情報収集力が低い場合は、目まぐるしい変化についていくことができず、思うように結果も出せないでしょう。

最新のトレンドにも詳しくなっておく必要があるため、情報収集力はWebマーケティングで活躍するための必須能力とも言えます。

Webマーケターに必要なスキルに関しては以下の記事を参考にしてください。

Webマーケティング職に転職するメリット

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティング職に転職するメリット

Webマーケティングへの転職に求められるスキルを紹介しました。

非常に多くのスキルが必要になるため、「転職するのは大変そう」と思われた人もいるでしょう。

しかし、Webマーケティング職への転職はメリットも多いです。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

独立や起業もしやすい

Webマーケティング職は、独立や起業もしやすいというメリットがあります。

Webマーケティングの手法がそもそも、近年広まってきた手法なため、業界自体が成熟しておらず、まだまだ成長過程です。

大手企業が仕事を独占しているといった状態でもないため、多くの人に稼げるチャンスがあります。

知識や経験を身につけることで、誰でも独立や起業を目指せるでしょう。

「自分の会社を持ちたい」「会社に縛られない自由な人生を歩みたい」という人にもおすすめの職業です。

今後も需要が高まる可能性が大きい

Webマーケティング職は、今後需要が高まる可能性が高いメリットがあります。

先程も紹介した通り、インターネット広告やアフィリエイト市場は現在成長過程です。

今後さらなる需要が見込まれるため、今のうちから経験を積んでおけば、将来的にさらに稼げるチャンスに恵まれる可能性もあるでしょう。

Webマーケティング業界の将来性の高さは、大きなメリットです。

高年収も目指せる

Webマーケティング職は、高年収を目指せるメリットもあります。

Webマーケティング職の平均年収は、indeedの調査では約520万円です。

日本の平均年収の433万円を大きく上回る金額なため、高年収も期待できるでしょう。

また、独立や起業もしやすいことから、上手く事業展開できれば収入も青天井を目指せます。

世の中には、個人のブログ運営だけで年収数億円という人もいます。

知識を身につけることができれば、高年収も期待できる点は大きなメリットと言えるでしょう。

【やめておけ?】Webマーケティング職に転職するデメリット

Webマーケティング_転職エージェント_【やめておけ?】Webマーケティング職に転職するデメリット

Webマーケティング職はメリットも多いですが、デメリットがないわけではありません。

ここでは、Webマーケティング職に転職するデメリットも紹介します。

未経験可の求人は競争率が高い

Webマーケティング職に転職するデメリットとして、未経験可の求人の競争率が高いことがあげられます。

Webマーケティングは近年広まってきた手法であるため、多くの企業が人手を欲しています。

しかし、同時にWebマーケティング職を目指す求職者も多くいるため、未経験から転職するのは難しいでしょう。

ライバルには実務経験豊富な経験者がいることもあるため、未経験での転職がしづらいデメリットがあります。

勉強し続ける覚悟が必要になる

Webマーケティング職への転職は、勉強し続ける覚悟が必要というデメリットもあります。

Webマーケティングスキルは、身につければ一生安泰なスキルではありません。

Webマーケティングの手法は日々進化し、変化していくからです。

たとえば、数年前まではYouTubeはそれほど人気のあるサービスではなく、YouTuberといった職業もありませんでした。

しかし、YouTubeの視聴が当たり前になった今日においては、YouTube運用のマーケティング知識は価値の高いものになっています。

このようにテクノロジーや流行の変化に合わせて、新しい手法を身につけていく必要があるため、専門性を高める勉強は永遠に続くでしょう。

勉強が苦手な人にとっては、大きなデメリットになります。

Webマーケティングの知識は広く奥深い

Webマーケティングの知識には、様々な種類がある点もデメリットと言えます。

Webマーケティングは、何か1つの知識を身につければ良いというわけではありません。

SNS運用以外にも、SEOやWeb広告、顧客分析や戦略立案など、多くの知識を身につけることが必要です。

また、それぞれの知識に関しても表面上の勉強だけで身につけることが難しく、知識の定着には時間もかかります。

Webマーケティングの知識の広さや奥深さは楽しい反面、デメリットにもなりうるでしょう。

僕がWebマーケティングを始めて辛いと思った経験をご紹介している記事があるので、ぜひ参考にしてください。

Webマーケティング職の仕事内容や種類

Webマーケティング_転職エージェント_Webマーケティング職の仕事内容や種類

一口にWebマーケティングと言っても、様々な仕事内容があります。

ここでは、Webマーケティング職の仕事内容や種類について解説します。

一読し、自分が取り組みやすい仕事内容を選んでみましょう。

SEO・コンテンツ作成

SEOは検索エンジン最適化とも言われ、特定のKWにおいて自社サイトを検索のトップページに載せるための施策を行います。

ホームページに流入する顧客数を増加させ、商品の購入に繋げます。

SEOの業務に携わるには、サイト構成やGoogleの検索アルゴリズムに関する知識が必要です。

SEOについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

実際に僕もSEOコンサルタントして活動していますが、SEOの知識は副業に活かしやすく、非常に汎用性が高いです

未経験でWebマーケターを目指している方は、SEOの知識を最初に身につけることをおすすめします。

\ Webマーケティング副業の始め方はこちら! /

Web広告運用

Webマーケティングの仕事として、まずあげられるのがWeb広告運用です。

Web広告とは検索エンジンの検索結果や、サイト内のバナーなどに表示される広告を指します。

最近の例では、YouTubeで最初に流れる広告動画なども当てはまります。

大きな目標は低コストで、潜在顧客からのコンバージョンを得ることです。

市場リサーチや分析、広告デザインなどの知識が必要になります。

SNS運用

SNS運用はその名の通り、SNSのアカウントを運用してマーケティングを行うことです。

自社や商品のアカウントを作成し、ユーザーにとって魅力的な情報を発信していきます。

ファンとの交流の場としても使えるため、企業の顔としての役割もあります。

Webディレクター・マネージャー

Webディレクターは、マーケティング施策に対する進行管理や人材等の資源管理を行う仕事です。

SEOならWebライターの管理、Web広告の場合はデザイナーやエンジニアの管理を行います。

技術者たちのモチベーション管理なども必要になるため、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルが重要です。

未経験からWebマーケティング職に転職を成功させるには?

Webマーケティング_転職エージェント_未経験からWebマーケティング職に転職を成功させるには?

Webマーケティングには様々な仕事がありますが、未経験からの転職は難しいです。

しかし、絶対に不可能というわけではありません。

ここでは未経験からWebマーケティング職に転職を成功させる方法について、以下の内容で解説します。

社内異動でWebマーケティングに携わる

未経験からWebマーケティング職に挑戦する場合は、現在働いている職場でWebマーケティングの部署に異動できないか検討してみましょう。

企業の中には社内制度として、自分が挑戦したい部署に異動できる制度を設けている会社もあります。

もし、会社内の制度を利用できれば、わざわざ転職することなくWebマーケティング職に携われます。

社内にWebマーケティングの部署があることや異動できないかを確認してみましょう。

未経験からいきなりWebマーケティング職に転職することは難しいですが、営業の場合は未経験でも転職できる可能性が高いです。

営業職はWebマーケティング職と比較すると、人間性を重視するポテンシャル採用を多く行っている企業が多いです。

転職に対する熱意を上手に伝えられれば、採用してもらえる可能性もあります。

まずは、営業として広告関連業務に携わり、経験を積んだ上で部署異動を目指しましょう。

面接の段階で「営業として経験を積み、将来的にはWebマーケティング職に異動したい」と正直に伝えれば、将来的な異動も見据えて採用してもらえる場合もあります。

独学でWebマーケティングを勉強し実績を作る

Webマーケティングのスキルは独学でも身につけることが可能です。

そのため、自分自身でWebマーケティングスキルを身につけ、実績を作っていくこともおすすめです。

例えば、ブログ運営やSNS運用などは誰でも手軽に始めることができます。

実績が作れれば、たとえ未経験でも即戦力としてアピールできるでしょう。

未経験からの転職した人は、まずは独学から始めてみることもおすすめです。

資格を取得して知識を証明する

未経験からWebマーケティング職への転職を目指す場合は、資格取得を目指すのもよいでしょう。

資格を取得することで、Webマーケティングに関する一定の知識を証明できます。

具体的には、以下のような資格の取得がおすすめです。

資格名 解説
ウェブ解析士 Webデータを正確に分析できる人材であることを証明する資格。
広告やディレクション、アクセス解析に関する基礎基本を身につけられる。
上級資格としては、以下の2つも用意されているためレベルアップも目指せる。

  • 上級ウェブ解析士
  • ウェブ解析マスター
IMA検定 オンラインマーケティングの最新トレンドやネットマーケティング知識を有することを証明できる資格。
リスティング広告やサイト分析の運用、集客施策の立案を学習可能。
レベルは以下の2つが用意されている。

  • Standard
  • Professional
Google Analytics Individual Qualification(GAIQ) GAIQはGoogleアナリティクスの知識を証明できる資格。
無料で取得が目指せるうえ、Webマーケティングに必須となるアナリティクスについて学べる。
資格の有効期限は12か月なため、資格取得時期は転職時期に合わせると良い。

上記のような資格取得を目指して、即戦力としてアピールしてみましょう。

Webマーケティングスクールで学び転職支援を受ける

未経験からWebマーケティング職に転職する際には、Webマーケティングスクールの利用もおすすめです。

Webマーケティングスクールは費用がかかりますが、その分実務でも役立つ専門的な知識を身につけられます。

スクールによっては、実際のクライアント課題に取り組むカリキュラムが組まれていることもあるため、実践的な環境で学習を深められます。

また、転職支援が充実しているスクールも多く、求人紹介や面接対策など転職エージェントのような使い方ができるスクールもあるほどです。

実践で役立つ知識を身につけながら、転職支援も受けられるため転職できる確率も高まるでしょう。

費用はかかりますが、転職するための一番確実性が高い方法と言えます。

未経験からの転職におすすめのWebマーケティングスクール

Webマーケティング_転職エージェント_未経験からの転職におすすめのWebマーケティングスクール

最後に、未経験からWebマーケティング転職におすすめのWebマーケティングスクールを紹介します。

具体的には、以下の3つの利用がおすすめです。

未経験からの転職におすすめのWebマーケティングスクール

WEBMARKS

Webマーケティング_転職エージェント_WEBMARKS

出典:WEBMARKS

未経験からのWebマーケティング職への転職に、まずおすすめしたいのがWEBMARKSです。

WEBMARKSは、業界でも珍しいSEOに特化したWebマーケティングスクールです。

SEOに関する専門的な知識を身につけられる数少ないスクールなため、アフィリエイトに興味がある人にもおすすめです。

また、転職支援に関しても就職コースを利用すれば、講座終了後10か月間に渡ってサポートを受けられます。

サポート内容は職務経歴書の添削や面接対策、月1回のミーティングによるキャリアアドバイスとなっています。

転職が成功した際にはお祝い金として10万円が支払われるため、お得に利用することも可能です。

「SEOの専門家になりたい!」「しっかりとした転職支援を受けたい」という人は、WEBMARKSを利用してみましょう。

WEBMARKSの無料カウンセリング!

  • 現役プロマーケターによる実践的なカリキュラム、本当に使えるスキルが身につく
  • SEOに特化しているから需要の高い専門的なSEOマーケターになることができる!
  • WEBMARKSのフリーランス養成コースなら、未経験でもたった3ヶ月で確実に案件が獲得できる力がつく
  • 就職サポートもあるから、転職を考えている人にもおすすめ
  • SEOに特化しているので、フリーランスになった後もライバルが少ない
  • 時間に縛らず学習できるから、仕事をしながらでもスキル習得ができる
  • 30日間の全額返金保証あり、しかも無料カウンセリングも可能


Wannnabe Academy

Webマーケティング_転職エージェント_wannabe_academy

出典:Wannabe Academy

ネットやSNSの広告運用について詳しく学びたい人には、Wannabe Academyがおすすめです。

Wannnabe Academyは、ネット広告に特化しているWebマーケティングスクールです。

最大の特徴としては、実際にクライアントを相手に実務を経験できる点があげられます。

教材を通して、Webマーケティングの基礎を学んだ後は、その知識を活かして実在する企業にヒアリングを行い、課題解決案を策定していきます。

実際の業務に則った形で学習を進めていけるので、実践的なスキルが身につくでしょう。

また、転職支援も無料で受けることが可能です。

Web業界専門のキャリアアドバイザーが、あなたのキャリア相談に何度でも乗ってくれます。

また、Wannabe Academyの運営元は、Web業界に特化した転職エージェントも運営しています。

Wannabe Academy卒業後にそのまま転職エージェントも利用すれば、転職の夢を叶えていけるでしょう。

Wannabeアカデミーの無料カウンセリング!

  • 未経験でも3ヶ月でWebマーケターに
  • 実務を経験して、現場の即戦力に!
  • 全額返金保証付きだから安心して受講できる!
  • 現在、期間限定で入学金半額キャンペーン実施中!



マケキャン

Webマーケティング_転職エージェント__マケキャン

出典:マケキャン

マケキャンは、グループワークを経験できるWebマーケティングスクールです。

オンラインと通学を掛け合わせた修行を行っており、オンライン授業で基本を身につけつつ、通学のグループワークで実務経験を積めます。

受講生同士で協力しながら、クライアントの課題に対応していくことが経験できるのでコミュニケーションスキルなども身につけられるでしょう。

また、転職に関する実績も豊富にあり、公式HPの情報によると転職成功率は脅威の98%を誇ります。

採用通過率1%という狭き門を通った専門のキャリアトレーナーが、あなたの転職を支援してくれるため安心です。

書類添削や面接対策をはじめ、企業別の対策まで行ってくれます。

豊富な転職支援を受けられるため、絶対に転職したいという人はマケキャンを利用しましょう。

マケキャンbyDMM.comの無料カウンセリング!

  • マケキャンは未経験でも最短3ヶ月で転職できるWEBマーケティングスクール!
  • 現役Webマーケターからのマンツーマン指導だから、プロレベルのWebマーケティングスキルを獲得可能
  • 500名を超える受講生のほとんどが卒業後は大手企業に就職!中には年収1000万円を超える受講生も!
  • それでも「1人で勉強するのはとても不安...」という不安は尽きませんよね
  • マケキャンではキャリアアドバイザーが学習や、将来に関する悩みを個別にサポート!
  • 厳選された一流Webマーケターからのマンツーマン指導してくれるマケキャンは、企業で即戦力となる人材になるのに最高の環境です!


Webマーケティングへの転職におすすめの転職エージェントまとめ

今回は、Webマーケティング職への転職におすすめの転職エージェントを紹介しました。

Webマーケティング職は人気のある職種なため、転職のプロである転職エージェントを利用することがおすすめです。

書類添削や面接対策だけでなく、あなたにぴったりな求人紹介もしてくれます。

詳しい業界の内部事情などもアドバイスしてくれるため、業界理解を深めながら転職活動を行えるでしょう。

また、未経験から転職を目指す場合は、Webマーケティングスクールの利用もおすすめです。

Webマーケティングスクールは専門的な知識を学びつつ、転職支援も受けられます。

様々なサービスを上手に活用しながら、Webマーケティング職への転職の夢を叶えましょう。

-Webマーケティング