フレームワーク

バリューチェーン分析とは?初心者にもわかりやすく解説!

バリューチェーン分析

  • 「自分たちの、他の企業にはない強みってなんだろ?」
  • 「どうにか、コストを削減して利益を向上させたい」

企業として消費者にいかに価値を提供できるかが成長のカギです。

しかし、そうは言っても、消費者のニーズは多様化していく中、消費者の満足いく価値を提供することは難しいですよね。

そこで、今回は自分たちの商品の付加価値を見つけ出すのに役に立つフレームワークとして「バリューチェーン分析」について事例を交えて分りやすく解説していきます!

バリューチェーン分析とは?

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析とは、マイケル・ポーター教授の著書「競争優位の戦略」で紹介されたフレームワークのことです。

企業が製品を製造して、消費者に届け、使ってもらう流れを分析していきます。

その過程の中で、いかに自分たちが商品やサービスに付加価値を加えられているかを見つけていくのです。

バリューチェーン分析では企業の活動を「主活動」と「支援活動」の2つに分類します。

主活動とは、「価値を届けるための主な活動のこと」で、商品の製造や、販売などの活動のことです。

主活動の流れは次の通りです。

  • 購買物流

    原材料を調達する

  • 製造

    商品を作る


  • 出荷物流

    商品を消費者に届ける

  • 販売・マーケティング

    購買を促す

  • サービス

    製品の質を向上させる


支援活動とは、文字通り「主活動を支えるための活動全般のこと」をさします。

具体的には以下のようなことがあります。

  • 全般管理(財務、経理などの事務活動)
  • 人事管理(従業員の採用・教育、給与の管理など)
  • 技術開発(データの管理、商品開発など)
  • 調達活動(外部との関係を築くための投資など)

 

「バリューチェーン」と「サプライチェーン」の違い

バリューチェーン

バリューチェーン

クマパン
ところで、「サプライチェーン」って聞いたことある?
ゆうくん
あるよ!けど、よくわかんないや…
サプライチェーン

サプライチェーン

サプライチェーンとは商品を製造して消費者に届けるまでの一連の流れのことを指します。

ゆうくん
あれ?「バリューチェーン」と何が違うの?

2つの違いは、焦点を当てている対象です。

バリューチェーンは「商品が消費者に届くまでに加わる付加価値」に焦点を当てているのに対して、サプライチェーンは「商品が消費者に届くまでの一連の流れ」に焦点を当てています。

クマパン
それぞれの直訳は、バリューチェーンは「価値連鎖」、サプライチェーンは「供給連鎖」だよ!

よく混合してしまう方がいるのでここではっきりと区別しておきましょう!

目的は?

ゆうくん
バリューチェーンで分析できることがわかったけど、なんでするの?

バリューチェーン分析を行う理由は以下の2つです。

  • 一連の活動の中で、かかるコストを把握して、無駄なコストを削減する
  • 自分たちの強み・弱みを把握する

順番に解説していきます。

一連の活動の中で、かかるコストを把握して、無駄なコストを削減する

バリュー分析では、商品を製造してから、消費者に購入してもらう過程を1つ1つ分析していきます。

そして、その1つ1つでかかるコストを把握することで、実は無駄なコストが発生している部分がわかるので、コスト削減に繋がります。

例えば、製造する際に部品を作る場所と、部品を集めて組み立てる場所が違うと、部品を運ぶのに無駄なコストがかかってしまいます。

利益を伸ばすために、何かあたらしいことを始めないといけないと思っている方も多いかもしれませんが、無駄なコストを削減し、支出を減らすことが、利益アップの一番の近道かもしれません。

自分たちの強み・弱みを把握する

自分たちの企業活動の中で生み出される付加価値が、実は他の企業にはない大きな強みになることがあります。

例えば、商品を消費者に届ける際に、独自の販売ルートを持っていれば、それだけでも自分たちの強みになり、他の企業と差別化を図ることができます。

逆に、商品を販売する際に実店舗では、広報活動が弱いので、あまり購入されないなど、自分たちの弱みや課題を知ることができます。

消費者がものを購入するのは、あなたの会社の商品に、他の企業が提供することができない「特別な価値」があるからです。

自分たちの商品の価値を見つけ出して、他の企業と差別化をしていきましょう。

付加価値にはどんなものがあるの?

ゆうくん
付加価値ってどういうものがあるの?

企業あるいは産業が一定期間の生産活動により新たに付加した価値をいう

引用:日本大百科全書

ここでいう付加価値とは、つまり「商品を製造していく過程で加わった価値」のことを指します。

本来のあるべき機能に加えて、消費者にとって嬉しい機能や価値のことを指していると考えてください。

付加価値には以下のようなことがあげられます。

購買物流(原材料の調達)

  • 安い(仕入れ値)
  • 質がいい(原材料)

製造(商品を作る)

  • 腕のいい技術者がいる
  • 納期が短い

出荷物流(商品を消費者に届ける)

  • 独自のルートがある
  • 早く商品が到着する

販売・マーケティング(購買を促す)

  • クーポンなどの販売促進がうまい
  • 商品の見せ方が上手

サービス(製品の質を向上させる)

  • 商品の質がいい
  • 使いやすい

バリューチェーンの重要性

ゆうくん
バリューチェーン分析ってなんで重要なの?

バリューチェーン分析の重要性は、自分たちの強みを最大限に生かすことです。

バリューチェーン分析を通して、他の競合にはない自分たちの独自の強みを見つけることができます。

逆に、バリューチェーン分析を行っていないと自分たちの独自の強みをいかせないまま、最悪、無駄にしてしまう可能性があります。

例えば、とある飲食店を例に考えてみます。自分たちは熟練のシェフがいて、その料理をお客さんは非常に気に入ってくれているとします。

しかし、事業拡大を考えて、他のシェフを雇ってチェーン展開してしまうと、料理の質が落ちてしまう可能性があります。

このように、自分たちのサービスがどのタイミングで価値が生まれているかを理解することが重要になってきます。

業種ごとのバリューチェーンは?

業種が違ってくると、販売する商品も異なってくるため、当然企業活動の内容や、どの企業活動が最も大切かが変わってきます。

例えば、製造業では「製品」がもっとも大切なので、「製造」の活動が最も大切になってきますし、通信業などのサービス業にとっては、「自分たちの商品をいかに魅力的に伝え、利用してもらえるか」が重要になってくるので、「営業活動」に重きが置かれるようになります。

そこで業種別の企業活動を簡単にまとめてみました。

クマパン
業種別に、強みを強化できるポイントをまとめてみたよ!

「製造」;商品の質をあげる

  • 製造業:「購買」「製造」「出荷物流」「販売」「サービス」

「販売」;商品を買ってもらえるようにする

  • 小売業:「商品企画」「仕入」「店舗経営」「集客」「販売」「サービス」

「営業活動」:自分たちのサービスの良さをつたえる

  • 通信業:「インフラ」「営業活動」「契約」「サービス提供」「料金徴収」「サービス」

「サービス」:「おしゃれ」や「店員の対応がいい」など

  • 飲食業:「購買」「製造」「出荷物流」「販売・マーケティング」「サービス」

具体的な手順

それでは、具体的なバリューチェーン分析の手順についてご紹介していきます。

step
1
自社のバリューチェーンを洗い出す

まず最初に、主活動と支援活動とに切り分けてすべて挙げるようにしましょう

step
2
コストを分析する

自分たちの経営活動のどこでコストが発生しているのかを分析することで、自分たちがどこにコストを使っているのかがわかるようになります。

ポイントは、ただ単にコストがかかっているところだけに注目するのではなく、そのコストがかかってしまう要因について考えてみるようにしてください。

コストがかかる要因には、以下のようなものがあげられます。

  • 労働時間
  • 仕事のスピード
  • 時給
  • 設備
  • 装置の切り替え
  • 配送の時間

次に、それぞれの工程でかかっているコストを洗い出してみましょう。

具体的には、以下のようなコストがあると思います。

  • 仕入れ先から仕入れる際の配送料
  • 部品を組み立て工場に運ぶ際の配送料
  • 商品を販売する実店舗の維持費

また、それぞれのコストが主にどんな要因に影響されているかを調査することで、それぞれのコストの関係性を知ることができます。

ゆうくん
知って何が嬉しいの?

例えば、製造業を例に考えてみましょう。

無駄な部品の製造をやめることで、これまでかかっていた製造費用を削減することができるだけでなく、組み立てる際の手間も削減することができます。

それぞれのコストの関係性を把握しておくことで、1つのコストを削減するだけで他のコスト削減につながる可能性が出てきます。

step
3
強みと弱みを分析する

その次は、出てきた付加価値を強みと弱みに分けて分析してみましょう。

step
4
VRIO(ブリオ)分析を行う

最後に、バリューチェーンで集めた分析を活用するために「VRIO(ブリオ)分析」を行うのがおすすめです。

VRIO分析では、洗い出した自分たちの主活動1つ1つに対して、経済的な価値(Value)、希少性(Rareness)、模倣可能性(Imitability)、組織(Organization)の項目で評価していきます。

以下の記事では、ユニクロを例にしてVRIO分析について詳しく解説しているので、合わせて参考にしてください。

VRIO分析とは?ユニクロを例にわかりやすく解説!

メルカリでバリューチェーン分析

それでは、バリューチェーン分析について、具体的にイメージしやすいように、メルカリを例にしてバリューチェーン分析を行ってみましょう!

フリマアプリとして有名なメルカリの企業活動を図示するとこんな感じになります。

メルカリのバリューチェーン分析

メルカリのバリューチェーン分析

メルカリの特徴は商品の販売、発送全てを利用者が行っているところです。

メルカリは、利用者のためにプラットフォームを提供するだけなので、商品の発送にかかるコストや手間の削減に成功しています。

さらに、メルカリのすごいところは購入者と出品者の両方が匿名で参加できる仕組みを作り出したことだと思います。

オークションサイトでは、個人情報を公開するのに抵抗がある方が多いと思います。

クマパン
電話勧誘とかあったら困るからね…

メルカリは、こうした企業活動の中で顧客にとっての価値をうまく見つけられた1例だと思います。

競合のバリューチェーン分析も行ってみよう!

自社のバリューチェーン分析をしながら、競合の分析も同時に行うのをおすすめします。

競合の分析を通して、「競合の強みはどこから生まれているのか?」「差別化するには何をすればいいのか?」が見えるようになってきます。

自社と競合の分析を通して、今後の戦略を立てる手がかりを見つけるようにしましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

-フレームワーク