フレームワーク

VRIO分析とは?VRIO分析から見るマクドナルドの強みを徹底解説

VRIO分析_マクドナルド
VRIO分析って聞いたことあるけどどんなフレームワークなの?
マクドナルドのVRIO分析が気になる!

様々なフレームワークを勉強している方なら1度はVRIO分析という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

VRIO分析は自社の強みを明確にするのに非常に役立つフレームワークです。

今回はマクドナルドのVRIO分析を例に「VRIO分析の実施方法」や「VRIO分析のメリット」など、どこよりも詳しく徹底解説していきます。

VRIO分析についてざっくり言うと

  • VRIO分析には4つの要素がある
  • VRIO分析においてマクドナルドは現時点で高い評価を出している
  • VRIO分析のメリットは自社の「強み」が明確になること
  • VRIO分析は各要素の質問にYESまたはNOで答えていく
  • VRIO分析は環境の変化を捉えて分析することが難しい

VRIO分析とは

VRIO分析_マクドナルド

VRIO分析とは企業のリソース(経営資源)を分析するフレームワークで、「ブリオ」と読みます。

「企業戦略論 競争優位構築と持続」の著者で、経営学教授のジェイ・B・バーニー氏によって1991年に考案・提唱されました。

VRIO分析は下記の4つの要素で構成されています。

VRIO分析4つの要素

  • 経済的価値(Value)
  • 希少性(Rareness)
  • 模倣困難性(Imitability)
  • 組織(Organization)

この「会社にある資源を活用する」という考え方はRBA(リソース・べスート・ビュー)と呼ばれます。

社内にある経営資源を判別することで以下のようなことを評価することができます。

経営資源を判別することで分かる評価

  • 戦略に使える「強み」となる経営資源
  • 戦略で使ってはいけない「弱み」となる経営資源

バーニー教授は自社の経営資源を評価するために下記の4つの問いを生み出しました。

経営資源4つの問い

  • 経済価値への問い:その経営資源は脅威や機会に適応できますか?
  • 希少性への問い:どのくらい多くの競合がその経営資源を持っていますか?
  • 模倣困難性への問い:同じ経営資源を他社が得るために多くのコストがかかりますか?
  • 組織への問い:その経営資源を戦略にフル活用できる組織ですか?

この質問にYESかNOで答えることで自社の「強み」と「弱み」を判別できるようになっているのがVRIO分析なのです。

ちなみに自社の「強み」は企業戦略論で「ケイパビリティ」と呼ばれています。

「強み」には3段階あって下記の3つに分類することができます。

3段階の強み

  • 普通の強み:他社も持っているので競合を出し抜けない
  • 独自の強み:他社が持っていないので競合を出し抜けるが一時的で時間の問題
  • 持続的な独自の強み:他社が持っておらず競合を出し抜けて、尚且つ追いつかれにくい

VRIO分析4つの要素の意味

VRIO分析_マクドナルド_4つの要素

先ほどVRIO分析には4つの要素があるとお話ししましたが、それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

経済的価値(Value)

VRIO分析_マクドナルド_経済的価値

VRIOのVは「Value」を表し、企業が保持する「経済的な価値」のことです。

自社の設備や社員、資産、戦略に取り組める価値などがここに当てはまります。

ピンチにどれだけ対応できるかや、チャンスをどれだけ活かしていけるかを評価していく部分になります。

「ヒアリングで顧客の課題を解決する提案力」という経済資源があった場合を例にして解説してみましょう。

もし「顧客の課題が多様化しているという機会」があれば先ほどの提案力で対応できます。

また「安価でシンプルな商品・サービスが普及してきている脅威」が迫っている場合も顧客の課題を個別に解決する付加価値で対応できます。

そのためどちらも経済的価値があると言えるのです。

「顧客や社会にとっての価値」ではなく「会社にとっての経営資源を戦略的に取り組む価値」という事を覚えておきましょう。

希少性(Rareness)

VRIO分析_マクドナルド_希少性

VRIOのRは「Reraness」を表し、他社にない「希少性」の意味です。

どんなに素晴らしい商品であっても、希少性が低い場合は価格で勝負する事になり、その分利益率も下がってしまいます。

例えば牛丼屋が製造・供給を完全に全自動にして、大幅な人件費削減に成功したら大幅な業績アップが見込めるでしょう。

しかし競合他社がすぐに導入可能な物なら、希少性は高いとは言えません。

人材教育に関しても、極めて特殊な分野で教育・育成に相当な時間を有しているなら、競争上では優位に立っていると言えるかもしれません。

しかし、ニッチな分野で強みを発揮しても、教育・育成に苦労していなければすぐに他社に追いつかれる可能性もあります。

それでは希少性が高いとは言えないでしょう。

他社と比べた時に似たような商品やサービスになっていないか、チェックすることはとても重要になってきます。

また、ユーザー購買意欲を刺激するような、希少性を意識して考えるようにしましょう。

模倣困難性(Imitability)

VRIO分析_マクドナルド_模倣困難性

次にVRIOのIは「Imitability」を表します。

自社で提供しているサービスや商品が他社に真似されやすいものなのか評価する「模倣困難性」の意味です。

サービスや商品が真似されやすい場合は希少性があっても一時的なものになってしまうでしょう。

もし技術的なものなら、特許申請をして、法的に希少性を守ることも可能です。

しかしそうでない場合は新しいビジネスモデルが脚光を浴びると、直ちに競合が類似店を立ち上げるケースが多いのも現状です。

特に外食産業の商品やサービスはすぐに模倣できてしまうため、模倣困難性を獲得するのはなかなか難しい一面もあるでしょう。

今後も自社のサービスや商品が優位な状態を継続できるよう、模倣の可能性をしっかり把握していくことが大切です。

ちなみに「創業〇〇年」という看板は誰でも容易に掲げることができないため、そのような歴史的な背景も模倣困難性に結び付く場合もあります。

「模倣のしにくさ」である模倣困難性の要因について下記に例を挙げましたのでチェックしてみましょう。

模倣困難性の要因

  • 時間圧縮の不経済:手に入れるのに長い月日がかかる
  • 経路依存性:過去の出来事の順序が経営資源の形成に影響している
  • 因果関係不明性:どの経営資源の影響なのか誰も分からない
  • 社会的複雑性:影響している要素が複雑すぎて真似できない
  • 特許:法律によって守られていて真似できない

「模倣困難性」は「模倣可能性」と説明されているものもありますが、どちらも同じ意味で、どちらも正解です。

比較的新しいバーニーの著書で使われている「模倣困難性」という表現を使う事をおすすめしますが、どちらを使っても問題はありません。

組織(Organization)

VRIO分析_マクドナルド_組織

VRIOの最後Oは「Organization」を表し「組織力」を意味します。

価値や希少性、模倣の可能性を分析しても、この要素をしっかり運用できる組織力が無ければ完璧な経営体制とは言えません。

経済的価値・希少性・模倣困難性があるのに、業績が悪い場合、組織の在り方や仕組みに問題があると言えます。

前面に打ち出せる高度な特許を有していながら、会社の社員があまりその事実について認識してないこともあります。

そのような場合は教育不足ではないかということもチェックしましょう。

他の要素と同様に「組織力」をしっかり評価することはとても重要ですので、疎かにしないように徹底することが大切です。

VRIO分析「マクドナルド」の具体例

VRIO分析_具体例_マクドナルド

評価する要素 評価結果 評価理由
経済的価値(V) YES 安価で絶対的なおいしさの商品を提供できている。
希少性(R) YES 全世界に多くの店舗がある。圧倒的なブランド力と、国によって適した商品を展開している。
模倣困難性(I) YES 長い歴史があるため、長年培ってきたノウハウは安易に真似できない。
組織(O) YES 世界的に展開されているが、特に会社の存在を脅かすほどのことは起きていないため、組織力は充分にある。

マクドナルドが圧倒的な人気を誇っていることは言うまでもありませんね。

経済的価値、希少性、模倣困難性はもちろん、いつでも・どこでも同じ品質のハンバーガーを提供できる組織力もあります。

以上のことからマクドナルドは競争優位なブランド力があると判断できます。

VRIO分析のメリット

VRIO分析_メリット

VRIO分析を行うことで自社の強みを明確にすることができ、具体的な今後の行動や施策を明確にすることができます。

また、反対に自社の弱みを知るきっかけになるので、問題点や改善点の洗い出しにも繋がりる場合もあります。

VRIO分析を行う際は、一覧表やフローチャートを用いながら、4つの評価項目を順序立てて評価していきます。

そのため現状を視覚的に非常に分かりやすく、把握できるでしょう。

VRIO分析の流れ

VRIO分析_流れ

実施目的の明確化

VRIO分析_流れ_目的

VRIO分析を行うことで、何を目標にするのか、達成したいことは何かを明確にします。

VRIO分析を経営の目的に使うのか。それとも採用目的なのか、最終的にVRIO分析の結果を何に活用したいのか明確にしましょう。

分析範囲の決定

VRIO分析_流れ_分析範囲の決定

部署単位なのか、会社全体なのか。

またはグループ企業ならグループ企業全体を対象にするかどうかなど、分析範囲の決定をしていきます。

VRIO分析の目的に応じて分析範囲を決定するのがいいでしょう。

情報の洗い出し

VRIO分析_流れ_情報の洗い出し

分析範囲が決定したら、分析情報の洗い出しをしていきましょう。

自社のサービスや商品の洗い出しをし、分析するための情報として活用します。

評価

VRIO分析_流れ_評価

情報・素材が準備できたら、4つの要素に分けて評価をしていきましょう。

評価の仕方については下記で説明します。

VRIO分析の実施方法

VRIO分析_マクドナルド_フロー

4つの要素を理解した上で実際にどのようにVRIO分析をしていけばいいのでしょう。

まずは初めにどのような目的でVRIO分析を行うのか考えてみます。

主な分析の理由には以下のようなものがあります。

VRIO分析を使った分析理由の例

  • 戦略を考えるために自社の「強み」がどんな経営資源があるのか洗い出す
  • 自社にとって最も重要な経営資源が現在も「強み」であるか確認する

ここでは後者を例に挙げて解説します。

まずは柱となる最も重要な経営資源を1つ挙げ、その後4つの問いに順番にYESまたは、NOで答える形式で実施していくのが一般的です。

最終的にはNOになったところを改善していくことになります。

経済的価値(Value)

VRIO分析_実施_経済的価値

まず、経済的価値のVにあたる質問です。
「Q.その経営資源は機会や脅威に適応できますか?」

ポイントとしては下記のようなことを意識します。

経済的価値Vの意識すべきポイント

  • 事前に決めたその経営資源はいま存在しているチャンスに対して活用できるのか
  • 迫り来るピンチに対して無効化したり、緩和したりできるか

答えが「YES」なら次の問いへ進み、答えが「NO」なら「弱み」ということになります。

「NO」と答えるとその経営資源は経済価値のない「弱み」ということになりかねないためすぐに手当を考える必要があります。

VRIO分析の1つ目の質問では機会(チャンス)や脅威(ピンチ)を問われますので、事前に外部の環境を分析することが大切です。

自社にとっての機会(チャンス)や脅威(ピンチ)を明確にするには下記の分析が役立ちます。

機会や脅威を知るために有効な分析方法

  • SWOT分析
  • PEST分析
  • ファイブフォース分析

希少性(Rareness)

VRIO分析_実施_希少性

次は希少性のRにあたる質問です。

Q.「どのくらい多くの競合がその経営資源を持っていますか?」

ポイントとしては下記のようなことを意識します。

希少性のRの意識すべきポイント

  • 競合他社の情報がなければ問いに答える事ができない
  • あらかじめ競合他社の経営資源に対して正確なリサーチが必要

答えが「YES」なら次の問いへ進み、答えが「NO」であれば「普通の強み」ということになります。

ここで「NO」と答えた場合、その経営資源はピンチやチャンスに対応できるものの、特に珍しい強みではありません。

「普通の強み」ということになるでしょう。

無いよりはあった方が良いですが、他社を出し抜くほどの強みではありません。

模倣困難性(Imitability)

VRIO分析_実施_模倣困難性

次は模倣困難性のIにあたる質問です。

Q.「同じ経営資源を他社が得るために多くのコストがかかりますか?」

自分たちの強みだと思っていても、すぐに真似される場合は優位性も一時的なものになります。

答えが「YES」なら次の問いへ進み、答えが「NO」ならば「独自の強み」ということになります。

ここで「NO」と答えると、その経営資源は他社が多少コストをかけるだけで得ることができるため一時期の「独自の強み」と言えます。

真似はされやすいですが、まだ真似をされているわけではないので一時的に他社より有利な状況を得られています。

組織(Organization)

VRIO分析_実施_組織

最後は組織に当たるOの質問です。

Q.「その経営資源を戦略的にフル活用できる組織ですか?」

いくら素晴らしい経営資源を持っていても、組織としてそれを活用できなければ宝の持ち腐れです。

答えが「YES」なら「持続可能な独自の強み」になります。

もしも答えが「NO」であれば活用段階に合わせて判別します。

ここで「NO」と答えた場合、経営資源自体は強みであるものの、その経営資源を活用できない組織が「弱み」ということです。

強みである経営資源を活かせないため、本来の力を発揮することはできませんので、
組織の改善を早急に行う必要があるでしょう。

「YES」と答えた場合は、その経営資源は持続性のある独自の強みです。

大きな環境の変化などがない場合は、持続的に活かせる強みということになります。

VRIO分析の注意点

VRIO分析_注意点

VRIO分析の注意点としては「分析にかなりの時間が必要になること」を想定して、分析をしなければならないことです。

情報を細分化し、分析すればそれなりの時間と人材が必要になります。

また評価の中には時間の経過と共に刻々と変化するものもあるでしょう。

あまりにも時間を費やしていると、現実とのギャップが生まれる可能性もあります。

特定の瞬間を捉えての分析には適しているVRIO分析ですが、環境の変化を捉えての分析をすることはできません。

また、定義や要件の設定が分析結果に大きく影響を及ぼすため、それらの決定に関しては慎重に取り組む必要もあります。

外部の環境をよく理解した上でVRIO分析を実施していきましょう。

VRIO分析まとめ

今回はVRIO分析について詳しく解説しました。

自社の強みにどんなものがあるかの洗い出すのに有効なVRIO分析。

これまで強みだった自社の経営資源が現在も健全なのか判断する時にも大いに役立ちますので、ぜひ覚えて置きたいフレームワークの1つです。

しかし外部の環境をよく分かっていない状態では正確な分析は難しくなります。

また、VRIO分析は業界の変化を捉えて分析することができません。

VRIO分析の検討をしている場合はVRIO分析をやるべきかどうかも事前によく検討してから実施する事をおすすめします。

ぜひこの機会に様々なフレームワークを活用して、自社の分析やよりよい施策を打ち出すためのヒントを見つけて頂けると幸いです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

-フレームワーク