フレームワーク

SWOT分析のやり方【無料テンプレートあり】

SWOT分析_テンプレート
SWOT分析ってどうやったらいいんだろ
会社でSWOT分析を使うように指示されたのよね

営業やマーケティングにおいて事業戦略を練るときによく行われるSWOT分析。

仕事で使わないといけないけれど、実際どうすすめたらいいのかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここではSWOT分析を行う『手順』『ポイント』そして事例を用いた『SWOT分析のやり方』を解説していきます

最後にはSWOT分析用無料テンプレートもご用意しております!

PowerPointExcel・ Word PDF版フル完備です!ぜひご活用くださいね!

『 SWOT分析 』についてざっくり言うと

  • SWOT分析は、事業戦略を練るために自社を分析すること
  • 4つポイント「 強み(Strengths)」「 弱み(Weaknesses)」「機会(Opportunities)」「脅威(Threats)」で自社を分析する
  • SWOT分析を始める前に、最終目標を明確にすることが最重要
  • SWOT分析は、テンプレートを使うとわかりやすい
  • SWOT分析の結果をもとに、クロスSWOT分析で戦略を練る
  • 戦略を練ったら、実行計画を立てて確実に実行する
  • 「目標設定 ⇒ SWOT分析 ⇒ クロスSWOT分析 ⇒ 実行計画 ⇒ 実行」 をワンセットと考える

SWOT分析とは?

SWOT分析_テンプレート_SWOT分析とは_目的

 

まずは、そもそもSWOT分析とは何なのか?何のために行うのか?という点からご説明します。

SWOT分析とは

  • SWOT分析とは、企業が事業戦略を考える際に使われるフレームワークの一つ
  • 読み方は「スウォット分析」
  • 事業戦略を練るために必要な情報を分析、整理すること

上記にあるように、SWOT分析は、事業戦略を考える前段階として行う分析のことを言います。

SWOT分析自体は、戦略を練ることではないということを覚えておきましょう!

作戦を考えるには、まずは分析が必要ですよね

相手の特徴に合った戦術を立てるからこそ結果がついてきます。

まずは自分を知り、相手を知り、戦うフィールド、を把握することが重要です。

それを知るために行うのがSWOT分析なのです。

SWOT分析の4つの要素

SWOT分析_テンプレート_要点_ポイント

 

SWOT分析は、上記4つの要素から成り立ち、それぞれの要素に対する自社の状況を分析、書き出していく作業を行います。

そして、SWOT分析の4つの要素は、大きく分けて内部環境外部環境の2種類に分かれています。

種類 内容 要素
内部環境 自社の長所、短所といった会社の内部的な環境や特徴 強み(Strengths)・弱み(Weaknesses)
外部環境 自社が置かれている状況。
社会情勢、世の中の経済状況など会社を取り巻く環境
機会(Opportunities)・脅威(Threats)

それでは、SWOT分析の4つの要素がそれぞれ具体的にどういった事なのか、例を交えて詳しく説明していきましょう。

強み(Strengths)

SWOT分析_テンプレート_4つの要素_強み_Strength

読んで字のごとく自社の強み、長所のことを指します。

強み(Strengths)の例

  • 業界シェアNO.1!
  • 知名度が高い
  • アフターサービスの充実
  • 競合製品よりも低価格である。
  • 競合製品よりも低価格である。

このように、自社がアピールできるポイント、「これは他社には負けない!」といった自社の武器となる、まさにストロングポイント
これが「 強み(Strengths)」です。

弱み(Weaknesses)

SWOT_テンプレート_SWAT分析4つの要素_弱み_Weaknesses
自社の弱点、短所を指します。

弱み(Weaknesses)の例

  • 知名度が低い
  • 大量生産が難しい
  • 人手不足によりメンテナンス対応に不安がある

上記のように、事業を行うにあたって抱えている自社の不安要素、解決するべき点、ここは他社には劣ってしまうなど
自社の弱点が「 弱み(Weaknesses)」になります。

機会(Opportunities)

SWOT_テンプレート_SWAT分析4つの要素_機会_Opportunities
自社に好影響を与える社会環境、経済状況、業界の動向、ニーズ、トレンドなど、会社を取り巻く環境を指します。

機会(Opportunities)の例

  • リモートワークの普及により、在宅勤務関連商品の需要あがり、自社もその波に乗れそう
  • 業界全体の動向として今後注目されそうな技術は、弊社の得意分野である

上記の例のように会社にとって良い動向、状況のことです。要するにビジネスチャンスとなり得る社外の状況を「機会(Opportunities)」と言います。

脅威(Threats)SWOT分析_テンプレート_4つの要素_脅威_Threats

脅威(Threats)も自社が置かれた状況、環境に関することですが、逆に会社にマイナスの影響を与える可能性のある状況を言います。

脅威(Threats)の例

  • A社が○○部門から撤退するので弊社へのオーダーが減りそう・・・
  • 新型コロナウイルスの蔓延により、みんな外出を控えている

上記のように、 売り上げや業績に悪影響を与えかねない社会的状況などが「脅威(Threats)」です。

以上が、SWOT分析の4つの要素です。

SWOT分析では、上の事例のように4つの要点について自社の状況を書き出し、自社を分析し把握していきます。

SWOT分析に適した場面

SWOT分析_テンプレート_適した場面

SWOT分析は営業やマーケティングの場でよく用いられます。

具体的にいうと、下記のような場面がSWOT分析の活用に適していると言えます。

SWOTの活用が適した場面

  • 【会社・部署】新製品、新規事業の拡販のため他社と差別化を図りたい。
  • 【会社・部署】自社の特徴、長所を明確にして既存製品の売り上げをアップさせたい。
  • 【個人・部署】新サービスを会社にプレゼンしたい
  • 【個人】   営業成績不振のため営業方法の見直しを行いたい

会社、部署規模のことでなくても、個人の業務改善や営業成績アップのために、今一度自分の取り組み方を見直すツールとしても活用できます。

◇   参  考  ◇

SWOT分析は、就活や転職活動の自己分析のツールとしてもおすすめです!

自分の性格、持っている資格、これまでの経験などをSWOT分析に当てはめると自己分析がしやすくなります。

●内部環境
プラス面  ・・・ 長所、資格、経験など。
マイナス面 ・・・ 短所、克服すべき課題など。

●外部環境
プラス面  ・・・ 現代社会の状況で自分にメリットとなること
マイナス面 ・・・ 現代社会の状況で自分にデメリットとなること

また、企業研究でSWOT分析を利用するのも効果的ですよ!

 

SWOT分析のやり方【手順】

SWOT分析_テンプレート_やり方_手順
ここでは、SWOT分析の手順とやり方を事例を用いて具体的に説明していきます。

まず、SWOT分析は以下の手順で進めていきます。

上記5つの手順に沿って漏れがないように進めて行きましょう。

それでは①から⑤までのステップをそれぞれ詳しくご説明します。

SWOT分析を行う目的、目標を明確にする

SWOT分析_テンプレート_やり方_手順

SWOT分析を行うにあたって最も重要なことは、目的と最終目標を明らかにすることです。

なぜかというと、ゴールが明確でないと、きちんとした道筋で進むことができないからです。

ポイントがズレると、不要な情報まで含んでしまったり、結果として着目すべきポイントが霞んでしまったり、着地がズレてしまったりします。
そうなると的確な事業戦略にも結び付かなくなるので、まず初めに目標を明確化することを忘れずに行いましょう。

また、複数人が会議形式でSWOT分析を行う場合は、参加メンバー全員に目標、ゴールの共通認識を形成しておく必要があることも忘れてはいけません。

 情報収集

SWOT分析_テンプレート_やり方_手順_情報収取

次に、SWOT分析の4つの要素を書き出すために必要な情報を集めましょう。

とくに、外部環境に関することは、リサーチが必要になります。
業界の動向、市場規模・今後の予想、競合他社製品の特長などです。

自分が今現在持っている情報だけでは不十分なこともありますので、質の高い分析を行い、効果的な営業戦略を練るために情報収集は必須です。
事前準備も怠らずしっかりと調査しましょう。

また、可能であれば他部署の社員の意見も募集してみるのもよいでしょう。

同じ会社でも関わる人が違いますし、視点も異なります。
営業やマーケティングの視点とは異なった意見を得られることもあります。

☑ 社内アンケートを実施する

☑ 各部署長にも営業戦略会議に参加してもらう

上記の手段を利用して、できるだけ多方面からの意見を集めることも、より実践的、効果的な戦略を練るためには重要になりますし、効果的でしょう。

 SWOT分析テンプレートを準備する

SWOT分析_テンプレート_やり方_手順

SWOT分析を実施する際は下のようなテンプレートを用いるのが一般的です。

*テンプレートは後程無料でダウンロードできます。

 4つの要素について洗い出し、テンプレートへ書き込む

SWOT分析_テンプレート_やり方_手順
さて、ここからついに分析に入ります。
SWOT分析のテンプレートは、SWOT分析の4要素である

「強み(Strengths)」
「弱み(Weaknesses)」
「機会(Oppotunities)」
「脅威(Threats)」

の4つの部屋に分けられています。

各要素についての洗い出した内容を、該当するそれぞれの場所に書き出していくことになります。

事前に調査した内容や、自分自身が感じていること、他社から言われたこと、口コミなど、どんな小さなことでもいいので、すべて出し尽くしてください。

とにかく一つでも多く、洗いざらい出していきましょう。
情報は多ければ多いほど具体的な戦略をたてることに繋がります。

洗い出した内容を基に戦略を練る(クロスSWOT分析)

SWOT分析_テンプレート_やり方_手順_クロスSWOT各項目の洗い出しが終わったら、次は戦略の検討です。

事業戦略を立てるときには、クロスSWOT分析と呼ばれる手法を用い、より具体的に検証し解決策や今後の戦略を考えていきます。

「SWOT分析とは」でも説明した通り、SWOT分析は事業戦略を練るために分析を行う段階(前準備)です。

実際に戦略を練るのは、このクロスSWOTとなるので、かならずSWOT分析とクロスSWOT分析はセットで実施するようにしましょう。

クロスSWOTについては「クロスSWOTとは」で詳しくご説明いたします。

以上の5つがSWOT分析の手順です。

少しイメージが湧いてきましたか?

つづいて、事例を用いてより分かりやすくSWOT分析について解説していきます。

SWOT分析のやり方【事例解説】

SWOT分析_テンプレート_やり方_手順_事例解説

それでは、事例を用いてより具体的にSWOT分析のやり方を説明していきましょう。
今回は下記の設定でSWOT分析を行っていきます。

テーマ:新製品を拡販するための営業戦略

状況:中小のIT企業B社は、自社で開発したアプリケーションシステムの拡販を進めていこうとしている。
会社としては、今後この製品を会社の看板製品として販売していきたいと考えており、そのためには営業戦略が必要である。
今後の営業戦略を練るために、SWOT分析を用いて自社の状況の洗い出しを行う。

今回の目的は、新製品を拡販することですので、内部環境(強み、弱み)では、商品販売に関係のある自社の強み、弱みを書き出していきます。

▽分析結果の例(内部環境)

「強み(Strengths)」

・自社製品なので大手メーカーと比べて安価に販売ができる
・中小企業の自社製品だから、顧客のオーダーにあったカスタマイズが可能
・機能を必要最低限にしているので、シンプルで使いやすい

「 弱み(Weaknesses)」

・中小企業なので知名度がまだ低い
・アフターフォローの対応問題(人数が少なく対応が不十分)
・今後拡販していくには人手が不十分
・開発・技術部門も人手が少ない(拡販を目指すには不十分)

つづいて外部環境(機会、脅威)について分析していきます。

拡販したい製品の競合の特徴、関連する業界の動向、市場規模など、商品販売に関わる外部的な特徴、現状を書き出します。

▽分析結果の例(外部環境)

「機会(Oppotunities)」

・当該関連システムの市場規模は広がり、需要は増加傾向にある
・国の方針でも力を入れている分野である
・展示会などの出展機会もある

「脅威(Threats)」

・知名度の高い大手企業も多く参入している分野である
・競合はほぼ大手企業の製品である
・コストをかけて新しいシステムを導入することに尻込みする企業も多い

外部環境(機会、脅威)の書き出しができました。

書き出した内容は下のようにテンプレートにまとめます。

SWOT分析_テンプレート_例
上記のようにSWOT分析のテンプレートを使用することにより、各項目が分かりやすくまとめられます。

SWOT分析を行うときの注意事項

SWOT分析_テンプレート_注意事項

 

会社でSWOT分析を行う際に注意すべき点は、できるだけ分析を一人に任せないことです。

できれば複数人の会議形式で行い意見を持ち寄るようにしましょう。
いろんな視点、経験、意見を集めることができます。

そしてメンバー全員で目指すゴールを必ず共有しておくようにしましょう。

理由は前述のとおりですが、目標が不明確だと着地点がズレてしまうからです。

目標の共有は徹底しましょう。

クロスSWOT分析

SWOT分析_テンプレート_クロスSWOT分析

SWOT分析ができたら戦略を練る段階に入ります。

そして、具体的戦略を練るときに行うのが、「クロスSWOT分析」です。

クロスSWOT分析とは、今後の戦略を具体的に練っていくための手法です。

SWOT分析で明らかになった、強み、弱み、機会、脅威の4つの内容をそれぞれ掛け合わせ、策を練っていきます。

SWOT分析が終わった段階では、あくまで自社の分析が出来ただけであり、具体的な戦略を考えていくのは、クロスSWOT分析です。

営業戦略を考え実行し結果につなげることが大切ですので、SWOT分析を行って終わりということにならないようにしましょう。

クロスSWOT分析のやり方【手順】

SWOT分析_テンプレート_クロスSWOT分析_やり方_手順それでは、クロスSWOT分析を行う手順をご説明します。

上記の4ステップで行っていきます。

それでは内容を詳しく説明していきましょう。

クロスSWOT分析のテンプレートを準備する

SWOT分析_テンプレート_クロスSWOT分析_やり方

SWOT分析と同様にクロスSWOT分析でもテンプレートを使用します。
使用するテンプレートはこちらです。

SWOT分析_テンプレート_クロスSWOT分析

*クロスSWOT分析のテンプレートも無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

クロスSWOT分析のテンプレートにSWOT戦略で書き出した内容を転記していく

SWOT分析_テンプレート_クロスSWOT分析_やり方

テンプレート準備ができたら、SWOT分析の事例で分析した結果をクロスSWOT分析のテンプレートに転記します。

転記したものがこちらです。

SWOT分析_テンプレート_クロスSWOT分析

転記したの内容をもとに戦略を練っていく

SWOT分析_テンプレート_クロスSWOT分析_やり方

ここから具体的に戦略を練っていきます。
クロスSWOT分析は、総当たり表のように縦軸(機会、脅威)と横軸(強み、弱み)の要素を掛け合わせ、掛け合わせのパターンごとに戦略や解決策を検討していきます。

【掛け合わせパターンと名称】

(1)強み(Strengths)× 機会(Oppotunities)・・・SO戦略(プラス×プラス)

(2)弱み(Weaknesses) × 機会(Oppotunities)・・・WO戦略(マイナス×プラス)

(3)強み(Strengths)× 脅威(Threats)  ・・・ ST戦略(プラス×マイナス)

(4)弱み(Weaknesses) × 脅威(Threats)  ・・・ WT戦略(マイナス×マイナス)

掛け合わせのパターン別にどういった戦略を練っていくのかをご説明します。

(1) SO戦略(プラス×プラス)

「強み×機会」

プラス要素同士掛け合わせは、強みを倍々にして生かすための戦略を検討します。
自社の強みを最大限に活かすことのできる戦略を考えてみましょう。

(2) WO戦略(マイナス×プラス)・(3) ST戦略(プラス×マイナス)

「弱み×機会」
「強み×脅威」

プラス要素とマイナス要素を掛け合わせることにより、マイナス要素をカバーすることができます。
マイナス要素を克服するための戦略を考えていきましょう。

(4)WT戦略(マイナス×マイナス)

「弱み×脅威」

いま起こりうる最悪の状況がこのマイナスの掛け合わせです。

トラブルを未然に防ぐための戦略を考えていきます。
最悪の事態を想定し、回避するための対策を検討していきましょう。

上記のようにそれぞれの戦略をたてていくことで、事業の進め方、取り組み、危険回避と様々な面での営業戦略がみえてきます。

要するに、状況の掛け合わせで、起こりうる事態を想定し、攻めと守りの具体的な作戦をここで練っていくということです。

それでは、事例について実際に戦略を検討してみます。

「SO戦略」
・展示会で価格と使いやすさをアピール(競合も出店するので比較しやすい)
・国の支援(補助金)などを利用するとさらに手軽に導入できることをアピール(価格シミュレーション作成)

「WO戦略」
・知名度が低い分、展示会で直接多くのお客さんと会う機会をつくる
・これから需要が伸びる分野であることをアピールして人材の確保にも力をいれる

「ST戦略」
・中小ならではのメリットをアピール(価格、オーダーメイド可)
・コストをかけたくないお客さんも営業対象とする(大手との価格比較を提示して金額面のアピール)

「ST戦略」
・知名度を上げる活動が必要
(展示会、SNS、メディアの積極的利用)
・アフターサービス、技術分野の制度や体制を整え積極的に採用活動も行う

検討した内容をクロスSWOTテンプレートの SO戦略、WO戦略、ST戦略、WT戦略 の各欄にまとめていきます。

実際にテンプレートを埋めていくと、このようになります。

SWOT分析_テンプレート_クロスSWOT分析_やり方

SWOT分析と同様に、クロスSWOT分析でも表を使用することで内容が整理され分かりやすくなりました。

SWOT分析で洗い出した内容も、クロスSWOT分析で練った戦略も一つの表にまとめられることが特徴です。

検討した戦略を実行するために計画をたてる。SWOT分析_テンプレート_クロスSWOT分析_やり方

クロスSWOT分析の結果を転記し、戦略を練ったらそこで終わりではありません。

重要なのは、クロスSWOT分析で練った戦略をしっかりと実行に移し結果を出すことです。

ですので、営業戦略を実行するための具体的な計画を必ず立てるようにしましょう

また、クロスSWOT分析で練られた戦略も、すべてを一気に実行すべきとは言えません。

状況をしっかりと見極め、タイミングや優先順位をつけて実施していく必要があります。

また準備不十分な状態で中途半端に実行しても、確実な効果は期待できません。

計画時に確認すること

  • 準備すべきことはあるか
  • 即実行できるものかどうか
  • 優先順位はどうするか
  • 誰がいつまでに実行するのか

上記についても計画の中でしっかりと考えましょう。

そして確実に成果を得られるように、人、モノ、資金、期限、など必要なものがあれば、まずその点を準備しクリアしていきましょう。

準備から実行までのプランをつくっていくことで実行までの道筋が明確になります。

そうすることで、誰もが進捗や期限を把握できる状況が生まれます。

SWOT分析から始まる作業は、クロスSWOT後の計画を立てることまでがワンセットであると認識し、実行していくことが大変重要です。

 

SWOT分析、クロスSWAOT分析 テンプレート 無料ダウンロード

 

SWOT分析_テンプレート_無料_ダウンロード

今回事例で使用したSWOT分析、クロスSWOT分析のテンプレートは下記より無料でダウンロードできます。
Power Point Excel Word PDF の4種類ご用意しておりますので、使いやすいものをぜひダウンロードしてぜひお使いください。

◆SWOT分析テンプレート 無料ダウンロード
SWOT分析テンプレート_PowerPoint
SWOT分析テンプレート_Excel
SWOT分析テンプレート_Word
SWOT分析テンプレート_PDF

◆クロスSWOT分析 テンプレート 無料ダウンロード
クロスSWOT分析テンプレート_PowerPoint
クロスSWOT分析テンプレート_Excel
クロスSWOT分析テンプレート_Word
クロスSWOT分析テンプレート_PDF

SWOT分析テンプレート まとめ

SWOT分析_テンプレート_まとめ
いかがでしたでしょうか。

情報収集など、すこし大変かもしれません。

メンバーで目標を明確にし、しっかりとリサーチを行い、現状の洗い出しを行うことができれば、SWOT分析は戦略検討において大きな力を発揮します。

そして、クロスSWOTもテンプレートを使用すれば、意外とシンプルに営業戦略を練ることができます。

営業戦略、事業戦略と言葉だけを聞くと、難しく聞こえるかもしれません。

今回のようにテンプレートなどツールを使うことで、実は誰でもできる作業だということを感じていただけたかと思います。

また、活用方法によっては個人でも利用できますので、分析したいことや、何か見直したいことがあったときには、ぜひSWOT分析のテンプレートを活用してみてください。

 

-フレームワーク