フレームワーク

PEST分析の具体例を紹介!やり方や2022年の分析なども解説

PEST分析の具体例を紹介!やり方や2022年の分析なども解説
PEST分析の具体例を知りたい
PEST分析ってそもそも何?

この記事では、こんな悩みを解決します。

一口にPEST分析と言っても、業界や企業によって様々な実例があります。

この記事では、PEST分析の例を業界ごとや企業ごとに紹介しているため、参考にしてください。

一読することでPEST分析を具体例を通して理解できるでしょう。

PEST分析をざっくり言うと

  • 外部要因をP・E・S・Tに分類して分析するフレームワーク
  • 新規事業や事業の方向転換の際の外部環境分析にしようされる
  • 政治的要因は消費税増税やプログラミング教育必修化など法改正や法整備などがあげられる
  • 経済的要因は賃金の変化や景気の変動の影響を表す
  • 社会的要因は宗教や文化、生活様式や人口動態など社会生活によって変動するものを指す
  • 技術的要因はスマートフォンの発明など技術的な革新による社会変化を分析する
  • 例として伊藤忠商事は公式サイトで2030年までのPEST分析を公表していることがあげられる
  • 分析結果を「機会と脅威」「長期と短期」にわけて対策を考えていく
  • PEST分析を学ぶためには書籍や動画の利用もおすすめ

PEST分析とは?4つの要素

pest分析_例_PEST分析とは?4つの要素

PEST分析は、アメリカの経済学者フィリップ・コトラーが提唱したマクロ環境分析の手法です。

企業以外の外部環境をP・E・S・Tに分類し分析するフレームワークとして、様々な企業で用いられています。

P・E・S・Tのそれぞれの意味は、以下の通りです。

外部環境を上記それぞれの要素に整理して、今後の事業方針の策定や新規事業の計画に役立てていきます。

ここでは、PEST分析の各要素について詳しく解説します。各要素の分析例については、「PEST分析の例を要因ごとに紹介」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

Politics(政治的要因)

pest分析_例_Politics(政治的要因)

政治的要因のチェックでは、政府が打ち出す政策や法律のビジネスへの影響度を分析していきます。

政治的要因とは、例えば以下のものがあげられます。

Politics(政治的要因)の分析内容

  • 消費税の増税
  • 小学校のプログラミング教育の必修化

このような法改正や法整備は、ビジネスにおいても大きな影響を与えるでしょう。

政治的要因の分析を行う際のコツは、自分の事業に影響があるものを優先的に分析することです。

例えば、たばこ産業の場合は「たばこ税の増税」や「受動喫煙防止法」などについて、優先的に分析する必要があります。

Economy(経済的要因)

pest分析_例_Economy(経済的要因)

経済的要因とは、国や世界の経済動向をチェックし分析することです。

具体的には、以下の指標や統計を分析していきます。

Economy(経済的要因)の分析内容

  • GDPや賃金構造の変化
  • 雇用統計の変化
  • 物価の動きや消費行動指数

上記のデータを分析することで、消費者の購買意欲や適正な商品価格などを見出していきます。

厚生労働省が発表している「雇用統計調査」や総務省の「消費者動向指数(CTI)」といった情報を利用することで、分析に役立てることが可能です。

Society(社会的要因)

pest分析_例_Society(社会的要因)

社会的要因は、人口や流行など消費者の需要に深く関わる部分の分析を行うことです。

例えば、以下の要素について分析をしていきます。

Society(社会的要因)の分析内容

  • 人口動態
  • 流行や習慣・慣習の変容
  • 社会的事件や事故
  • 文化・宗教
  • 社会インフラや教育体制の変化

日本を例にあげれば、近年は少子高齢社会となっているため、子どもを持つ家庭よりも高齢の世帯の消費行動を促進させることを重点に置く企業も多いです。

社会的要因は消費者のニーズを調べる際などに、重要な指標となるでしょう。

Technology(技術的要因)

pest分析_例_Technology(技術的要因)

技術的要因は、科学技術などの進歩を分析することです。

例えば、以下の技術発展を分析し、未来予測に役立てます。

Technology(技術的要因)の分析内容

  • クラウド・AI技術の伸長
  • ドローンの開発
  • リニアモーターカー・電気自動車の発明

近年最も技術的要因として社会に大きな影響を与えた技術として、スマートフォンがあげられるでしょう。

スマートフォンの発明によりスマホアプリやスマホ決済など、次々と新しいビジネスが誕生しています。

技術要因の分析によって、開発や発展した技術によって社会がどう変化するかを予測し、事業に役立てることが可能です。

PEST分析の目的とは?

pest分析_例_PEST分析の目的とは?

PEST分析は、企業のマーケティング戦略に役立つフレームワークです。

しかし、PEST分析の目的や行うタイミングが分からないと上手に使いこなすことは不可能です。

PEST分析の目的は、以下の通りです。

ここでは、PEST分析を行う目的について詳しく解説します。

外部環境分析を行うことが目的

pest分析_例_外部環境分析を行うことが目的

PEST分析の目的は、企業の外部環境を分析することです。

具体的には、政治や流行といった企業ではコントロールできないマクロ環境について分析していきます。

企業の活動は、政治や経済、社会や技術などの外部要因に大きく影響を受けるものです。

例えば、日本のアニメ産業は世界でも有名ですが、ロシアや中国などでは一部規制されているものもあります。

このような政治的要因を分析せずに海外進出を行ってしまうと、売れないだけでなくその地域における法律に抵触する恐れさえもあるでしょう。

PEST分析は、企業が利益を上げるだけでなく、経済活動を安全に行うためにも重要と言えます。

新規事業や事業転換の際に重要

pest分析_例_新規事業や事業転換の際に重要

PEST分析は主に新規事業や新しいサービスの開発、事業転換の際に用いられます。

事業やサービスを実際に作り込む前に、現在の社会情勢等を分析することで、どんなサービスが消費者からの需要が高いかを明確にするためです。

PEST分析を行うことで、「参入する分野」や「参入する方法」を明確にし、成長の予測を立てることもできます。

PEST分析の例を要因ごとに紹介

pest分析_例_

ここからは、要因ごとに例を紹介します。

実際にP・E・S・Tの要因において、どんなことが経済活動に左右するのかを確認しましょう。

ここで紹介する例を参考にして、あなたが担当する事業の分析に役立ててください。

政治的要因の例

pest分析_例_政治的要因の例

政治的要因の例としてあげられるのは、「電波法改正」による地上デジタル放送への移行です。

2001年6月に電波法改正が行われ、2011年7月24日でアナログ放送が完全終了することが発表されました。

この政治的要因により、各家庭は地上デジタル放送に対応したテレビの購入や、地デジチューナーの設置が必要となりました。

これは、各家電メーカーにとっては大きなビジネスチャンスです。

実際に経済効果も高く、2009年に掲載されたCNET Japanの記事によれば、2006年から2009年までの3年間で地デジチューナーの売れ行きは約6倍にもなっています。

このように、政治的要因によって物の売れ方が大きく変わることもあります。

経済的要因の例

pest分析_例_経済的要因の例

経済的要因の例としてあげられるのは、バブル崩壊後の若者の車離れです。

下記は、トヨタの年別の乗用車の販売台数を表したグラフです。

上記からも分かる通り、バブル崩壊直前の1990年をピークに、年々、乗用車の販売台数が減少しています。

株式会社NEXERが実施した調査によると、車を持ちたいと思わない理由について「お金がかかるから」と回答している人は約6割と半数以上です。

以上の結果から、経済的要因が車産業の低迷に影響していることがわかります。

社会的要因の例

pest分析_例_社会的要因の例

社会的要因の例として挙げられるのは、コロナ禍におけるゲーム産業の好調です。

コロナ禍によって外出自粛の雰囲気が漂う中、巣ごもり需要が上がりゲーム機やソフトの売上が伸びています。

経済産業省が発表した情報によると、2019年の1年間で7993億円だった市場規模は2020年の7月時点で1兆円以上にまで膨らんでいます。

実際にコロナ禍で外出できないことを理由に、新作のゲーム機を購入した人もいるでしょう。

このように人々の生活様式の変化によって、業界全体の売上が大きく変わることもあります。

技術的要因の例

pest分析_例_技術的要因の例

技術的要因の例としては、スマートフォンの普及によるパソコン出荷台数の減少があげられます。

ドイツの調査会社スタティタスの調査によれば、2011年世界で365億台出荷されていたパソコンは、2019年の段階で263億台と縮小傾向です。

また、日本においても、スマホがあるからパソコンを買わないという若い人も多いです。

実際にNECが調査した結果によると、大学4年生の約半数がノートPCを持ち歩いておらず、PCスキルに自信がないと応えています。

このように一つの技術革新によって、別の産業が縮小されることもあります。

PEST分析の例を業界ごとに紹介

pest分析_例_PEST分析の例を業界ごとに紹介

次にPEST分析の例を業界ごとに紹介します。

具体的には、以下の産業についてです。

あなたと関係の深い産業を参考に、PEST分析を学びましょう。

携帯電話業界のPEST分析例

pest分析_例_携帯電話業界のPEST分析例

携帯電話業界は、大手キャリアの独占状態にありますが、政府による携帯電話の値下げに関する法整備が行われています。

楽天モバイルやワイモバイルといった各社が格安スマホの販売に乗り出していることもあり、低価格で利用できるサービスが伸びていくと言えます。

また、5Gといった技術革新やリモートワークの定着から、より大きなデータを複数人で共有していくサービスが伸びていくことも予想できるでしょう。

今後は、よりグラフィックなどに凝った容量の大きなアプリゲームなどが流行していく可能性も高いです。

自動車業界のPEST分析例

pest分析_例_自動車業界のPEST分析例

自動車産業については、ガソリン価格の高騰や電気自動車の補助金制度といった外部的要因があげられます。

また、個人所有の時代からカーシェアやサブスクなどの新規サービスも流行しています。

以上の結果から、環境に配慮した自動車や低価格で利用できるサービスが求められていることが予想できるでしょう。

生命保険業界のPEST分析例

pest分析_例_生命保険業界のPEST分析例

生命保険業界については、高齢者を対象としてサービスの拡充があげられます。

近年の日本の人口動態をみると高齢社会に突入しており、高齢者人口が非常に多いです。

平均寿命も長く、健康で長寿な人が多いことから、アメリカンホームダイレクトでは早くから「50・80喜んで」でお馴染みの高齢者向けサービスを実施しています。

また、コープライフサービスでは75歳を過ぎても入れる保険を提供しており、この流れがさらに加速していくことが予想できます。

さらに近年では、同性愛に対する理解が進んでいることもあり、ライフネット生命のサービスでは生命保険の受取人に同性のパートナーの指名が可能です。

今後はより、多様な価値観に対応できるサービスが伸びていくと言えるでしょう。

飲食業界のPEST分析例

pest分析_例_飲食業界のPEST分析例

コロナ禍の影響で顧客数や売り上げが大幅減した飲食店は数知れずあるでしょう。

しかし、外出自粛やコロナによって消費が冷え込んでいるだけで、潜在的な需要はあると予想できます。

株式会社京はやしでは、「コロナ禍でいけなくなった有名飲食店の弁当が買える」をコンセプトに「太秦弁当村」をオープンしています。

PEST分析により外部要因を分析し、逆境の中でもビジネスチャンスをつかむことも可能です。

食品業界のPEST分析例

pest分析_例_食品業界のPEST分析例

食品業界のPEST分析例としては、コカ・コーラの「いろはす」が有名です。当時のミネラルウォーターは産地を基準に買われることが多くありました。

しかし、コカ・コーラはまだ日本に国際的な環境意識が根付いていない段階で、エコに注目した商品として「いろはす」を販売しました。

早い段階で国際的な外部要因に注目することで、結果的に市場の独占に成功したのです。

製造業界のPEST分析例

pest分析_例_製造業界のPEST分析例

製造業界はコロナ禍において、感染拡大防止策を講じるために現在、デジタル化への移行が急務となっています。

具体的には、製造の自動化の促進や販売プロセスのオンライン化などが求められています。

コロナ禍意向、オフィスワーク中心にリモート化が進みましたが、今後は製造業にも普及していくことが予想できるでしょう。

製造自動化のためのAI技術や販売プロセスをオンライン化するためのインフラ技術など、IT人材が必要になると考えられます。

IT人材紹介会社などは製造業に特化した人材の育成等を行っておくなど、対策を講じる必要があるでしょう。

企業で行われているPEST分析の例

pest分析_例_企業で行われているPEST分析の例

ここからは、実際に企業で行われているPEST分析の例を紹介します。競合企業のPEST分析を知ることで、自身の事業に役立てられます。

具体的に紹介する企業は、以下の通りです。

アパレル業界大手「ユニクロ」の例

pest分析_例_アパレル業界大手「ユニクロ」の例

コロナウィルスの社会的要因を受けて、リモートワークが進み、スーツといったフォーマルな服装の需要が低迷しています。

その中でユニクロは、テレビ会議に来ていてもふさわしい服装が、低価格で手に入ることから売上が増加しています。

社会的要因によって利益増収のチャンスを掴んだ一例と言えるでしょう。

商社業界大手「伊藤忠商事」の例

pest分析_例_商社業界大手「伊藤忠商事」の例

商社業界の大手企業である「伊藤忠商事」は、現在公式HPにて2030年までのマクロ環境要因としてPEST分析を公開しています。

大手企業が何をリスクや機会と捉えているのかを学ぶ絶好のチャンスなため、一読することでPEST分析を行う際の参考になるでしょう。

金融業界の世界的企業「ドイツ銀行」の例

pest分析_例_金融業界の世界的企業「ドイツ銀行」の例

イギリスがEUを離脱した際、多くの金融機関はイギリスで営業を行うための免許を再取得しなければならず、様々な国の金融機関が他国に拠点を移動しました。

しかし、ドイツ銀行は逆に本部をイギリスに移転することでイギリスとの関係性を深くし、イギリスにおけるシェアの拡大に乗り出しています。

外部要因を整理し、あえて周囲とは逆の戦略を取ることで市場独占を狙うこともできるでしょう。

コンビニ業界大手「セブンイレブン」の例

pest分析_例_コンビニ業界大手「セブンイレブン」の例

セブンイレブンではコロナ禍の外部要因から、いち早くセルフレジを導入しています。

また、宅飲みやリモート飲みなどの定着から一人で食べきれる小さなサイズのおかずやつまみ等の販売を拡大したと考えられています。

PEST分析により、消費者のニーズや動向を正確につかみ、反映させている事例と言えるでしょう。

PEST分析を行わない場合の失敗例

pest分析_例_

PEST分析は様々な業界や企業によって実施されているが、実施しなかった場合はどうなるのでしょうか。

ここではPEST分析を行わなかったために失敗してしまった業界の例を紹介します。

PEST分析を行わない場合の失敗例

フィルム業界の例

pest分析_例_フィルム業界の例

PEST分析の失敗事例としてまずあげられるのが、フィルム業界です。

フィルム業界はかつて「コダック」という企業が業界の1位を独占していました。

しかし、PEST分析の技術的要因である「デジタル化への意向」「デジタルカメラの伸長」などの予測ができなかったため、市場の流れについていくことができず経営破綻しています。

デジタルカメラの例

pest分析_例_デジタルカメラの例

フィルムカメラに代わったデジタルカメラにおいても、PEST分析の失敗があげられます。

10年ほど前までは、デジタルカメラを利用して写真を取ることが一般的でした。

しかし、現在においては、スマートフォンが普及し、スマホでいつでも簡単に写真を取ることが可能です。

その結果、現在デジタルカメラ業界は縮小の一途を辿っています。

デジタルカメラのPEST分析では、低価格やカメラの小型化といった技術要因の変化だけでなく、スマートフォンの発明やスマートフォンで写真を撮りSNS等で共有する文化といった要因の分析が不足していたと言えるでしょう。

PEST分析を行う方法やポイント

pest分析_例_PEST分析を行う方法やポイント

ここからは実際にPEST分析を行う方法やポイントを解説します。

具体的なやり方を理解して、自分の事業に役立ててください。

PEST分析の具体的な手順は、以下の通りです。

明確な目標を決める

pest分析_例_明確な目標を決める

PEST分析を行う際には、必ず明確な目標を決めることが大切です。

「何のために分析を行うのか」「どこがゴールなのか」を明確にしておかなければ、実際にどんな情報が必要なのかも見えてきません。

例えば「低価格のラーメンを出す」という目標は、一見明確そうにも見えますが実は曖昧です。

「低価格のラーメン」は安いラーメン屋だけでなく、コンビニのカップラーメンなども該当するからです。

したがって、正しいPEST分析を行うためには「ラーメン屋の中で魚介ダシに凝っている店を調べて差別化を検討する」「コンビニ弁当並みに価格を抑えて回転率を高めるビジネスモデルを検討する」といった具体性のある目標を設定しましょう。

P・E・S・Tのマクロ環境を洗い出す

pest分析_例_P・E・S・Tのマクロ環境を洗い出す

目標が定まった後は、企業の製品開発や事業戦略を取るうえでの様々な外部要因をP・E・S・Tに振り分けていきます。

この段階では情報を細かく精査する前に、自社に影響を与える外部要因をできるだけ集めるようにします。

チームで行う際は、ブレストなどを用いると良いでしょう。

事実か解釈かを確認して分ける

pest分析_例_事実か解釈かを確認して分ける

マクロ環境を洗い出したら、それが事実なのか解釈なのかを確認して分けていきます。

PEST分析においては、解釈よりもデータといった事実の方が大切です。

事実をベースに分析することで、より正確な分析結果を得られるからです。

例えば、社会的要因として「近年若者の間でSNS離れが起きている」という意見が上がったとします。

確かに一部の消費者は「SNSは疲れる」「SNSで住所特定などのリスクがある」といった理由から、SNSを辞めるユーザもいます。

しかし、総務省が発表している「令和2年通信利用動向調査の結果」によると、20代のSNS利用者数は90.4%と非常に多いです。

つまり、「若者の間でSNS離れが起きている」というのは解釈に過ぎず、事実ではないことがわかります。

このように事実なのかを明確にして分析を行わなければ、正確な結果は得られません。

最悪の場合、「若者の間でSNS離れが進んでいるなら、SNSに広告を打たない方がいいな」と誤った施策を売ってしまうこともあるでしょう。

分析は、事実に基づいて行うことが鉄則です。

事実を機会と脅威に分ける

pest分析_例_事実を機会と脅威に分ける

マクロ環境から事実を抽出した後は、その事実を機会と脅威に分けていきます。

機会と脅威のそれぞれの意味は、以下の通りです。

機会と脅威の意味

  • 機会…事業の成長や成功に繋がる項目
  • 脅威…事業の妨げや悪影響を与えかねない項目

具体的な例として、Switchなどの据え置きゲームに置き換えて考えてみましょう。

例えば、据え置きゲームにおける機会と脅威は以下のものがあげられます。

据え置きゲームにおける機会と脅威

  • 機会…巣ごもり需要の増加
  • 脅威…アプリゲームの伸長

このように機会と脅威を分けて考えることで、どのようにリスクヘッジをしながら事業展開を行うべきかが見えてきます。

また、機会や脅威は状況によって以下のように反対に転じる場合もあるため、注意が必要です。

機会と脅威が反転する例

  • 巣ごもり需要の増加…競合企業の成長の可能性(脅威)
  • アプリゲームの伸長…アプリとの連携で利益の拡大(機会)

一概に機会や脅威と断定することは難しいため、分類が難しいときはどちらにも当てはまらない項目にわけておくこともおすすめです。

機会と脅威を短期と長期に分ける

pest分析_例_機会と脅威を短期と長期に分ける

機会と脅威に分類できた後は、それを短期と長期にわけていきましょう。

短期と長期の時間軸で見ることで、何から取り組むべきなのか優先順位をつけられます。

例えば、先程のゲームを例にあげると、巣ごもり需要は短期的な機会です。

そのため、「新規のソフトを開発する」「魅力的な広告を打つ」といった行動を優先的に行わなければいけないと言えるでしょう。

また、競合企業の成長といった脅威は中長期的に時間がかかるものです。

年単位の時間をかけて新規ハードを開発するといった長期的な対策を取り、脅威を避ける施策も打てます。

このように時間軸を明確にすることで、事業において何をどれくらいの規模やスピード感で行うべきかを判断できます。

実際に行動に移す

pest分析_例_実際に行動に移す

分類が完了したら後は行動に移していくのみです。

短期・長期の分類に従って事業を進めていきましょう。

重要度の高い内容から早めに対処していくことで、機会損失やトレンドに乗り遅れるといったリスクを下げられます。

PEST分析が応用できるフレームワーク3例

pest分析_例_PEST分析が応用できるフレームワーク3例

PEST分析のやり方を紹介しましたが、PEST分析は様々なフレームワークに応用可能です。

ここではPEST分析が応用できる以下の3つのフレームワークを紹介します。

PEST分析が応用できるフレームワーク3例

SWOT分析

pest分析_例_SWOT分析

PEST分析は、SWOT分析に応用可能です。

SWOT分析とは、自社の強み(Strong)と弱み(Weak)という内部環境分析と、PEST分析で明確にした外部環境を機会(Opportunity)と脅威(Threat)の4つに分けて分析を深める手法です。

具体的には、PEST分析に以下の内部環境分析を加えていきます。

SWOT分析で行う内部分析の内容

  • 認知度・ブランド力
  • インフラ・サービス
  • 品質や価格
  • 資源(人材・技術を含む)

PEST分析で分析した結果を踏まえて、自社の内部環境も照らし合わせるためよりビジネス戦力を立てやすくなるでしょう。SWOT分析については、以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてください。

3C分析

pest分析_例_3C分析

3C分析は、「顧客」「競合」「自社」の3つの観点で分析を進めていく方法です。

それぞれの具体的な分析内容は、以下の通りです。

3Cのそれぞれの意味

  • Customer(顧客)…市場規模、市場の成長性、顧客ニーズなど
  • Competitor(競合)…競合のシェア率、参入障壁の高さ、競合の特徴など
  • Company(自社)…資本やリソース、ブランド力、企業規模、理念など

これらの内、顧客や競合調査については、PEST分析の結果が応用できるでしょう。

PEST分析で整理した外的要因の中から顧客や競合の分析を抜き出し、3C分析に活かせられます。

5フォース分析

pest分析_例_5フォース分析

5フォース分析は競合や業界の状況、利益構造などを分析し、自社の利益を上げる方法を模索するフレームワークです。

5フォースとは、具体的に以下の5つの脅威を表します。

5フォースの5つの脅威

  • 業界内における競争…競合他社との競争
  • 業界への新規参入者…参入障壁の高さ
  • 代替え品の有無…据え置きゲームに代わるアプリゲームのような別業界からの脅威
  • 顧客の交渉力…価格競争が激しい=売り手市場といった市場の収益性
  • 売り手の交渉力…原材料などの卸業者との力関係

PEST分析に合わせて、5フォース分析も利用すれば、収益性の高さや本当に新規参入すべきかといった判断もできるようになるでしょう。

PEST分析を用いた2022年の動向は?

pest分析_例_PEST分析を用いた2022年の動向は?

PEST分析の方法について事例を用いて解説しましたが、「実際にPESTに分類した結果を見てみたい」という人も多いでしょう。

ここからは、PEST分析を用いて2022年の動向を分析していきます。

それぞれの要因ごとに分析を進めていきますので、参考にしてください。

2022年のPolitics(政治的要因)

pest分析_例_2022年のPolitics(政治的要因)

2022年の政治的要因については、以下の事実があげられます。

2022年の政治的要因

  • 3回目のワクチン接種によりさらにコロナの予防が期待できる
  • 行動緩和措置や酒類提供の再開などが行われている
  • GoToトラベル再開の見通しもある

上記の状況を踏まえると、2022年は後半になるにつれ、コロナの脅威も小さくなり消費活動が活発になると予想できます。

2022年のEconomy(経済的要因)

pest分析_例_2022年のEconomy(経済的要因)

2022年の経済的要因は、内閣府が発表している2021年の家計可処分所得・家計貯蓄率四半期別速報によると、前年に比べて消費を抑えて貯蓄に回す家計が多いことがわかります。

下記のグラフは「家計可処分所得・家計貯蓄率四半期別速報」をもとに2015年から2021年の可処分所得と家計最終消費支出をグラフにしたものです。

上記グラフの通り、2020年から2021年は可処分所得が微増しつつも、消費を抑えている家計が多いことがわかります。

また、以下のグラフは、2015年〜2021年の貯蓄率の推移です。

こちらの結果も2020年から2021年は、その他の年に比べて貯蓄率が高いです。

以上の結果より、2018年や2019年より所得が増加しても、支出を抑えて貯蓄に回している家計が多いことがわかります。

したがって、2022年はコロナの終息に対する期待も相まって、消費意欲が高まるポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

2022年のSociety(社会的要因)

pest分析_例_2022年のSociety(社会的要因)

社会的要因に関しては、株式会社KADOKAWAの調査によると「緊急事態宣言が明けたらやりたいことは?」の回答に78%もの人が国内旅行をあげています。

また、レストランでの外食が48%、遊園地やテーマパークといったアミューズメント施設に行きたい人も40%に上ります。

以上のことから消費者は、外出意欲が高いと言えるでしょう。

2022年のTechnology(技術的要因)

pest分析_例_2022年のTechnology(技術的要因)

日本政府が正式に提供する新型コロナワクチン接種証明書アプリがリリースされています。

飲食店や宿泊施設等での接種証明がスムーズに行え、一部割引などのメリットもあります。

技術要因の発展はウィズコロナ時代の新しい生活様式の後押しになると言えるでしょう。

2022年はアフターコロナを意識

pest分析_例_2022年はアフターコロナを意識

2022年のPEST分析を行った結果、外食や宿泊と言った娯楽に対する期待値が高いことがわかりました。

消費者のコロナ禍の自粛ムードの中で溜まった消費に向けた意欲が、大きく解放される可能性もあるため、飲食業界やホテル業界などに良い影響を与えそうです。

このようにPEST分析を用いることで、今年の日本の市場の流れを予測することができます。

PEST分析やビジネスフレームワークの例を学べるおすすめの書籍

pest分析_例_PEST分析やビジネスフレームワークの例を学べるおすすめの書籍

PEST分析について詳しく解説してきましたが、もっと腰を据えて勉強したいという人もいるでしょう。

ここからは、PEST分析やビジネスフレームワークを学ぶのにおすすめの本を3選紹介します。

具体的には以下の3冊です。

サクッと読んでザックリわかるPEST分析:戦略立案のための環境分析

pest分析_例_サクッと読んでザックリわかるPEST分析:戦略立案のための環境分析

PEST分析を学べる本として、「サクッと読んでザックリわかるPEST分析」がおすすめです。

コンサルティング用語を解説している本は世の中にたくさんありますが、なかには専門用語も多く初心者にはわかりにくい本もあります。

しかし、本書籍では小難しい用語をできるだけ排除し、初心者でも読みやすい内容となっています。

PESTのそれぞれの解説に加え、詳しい使い方についても確認できるため、PEST分析を学びたい人の心強い味方になってくれるでしょう。

kindle版のみの販売で値段は150円と格安なため、PEST分析を学びたい人はまず購入したい1冊です。

新人コンサルタントが最初に学ぶ 厳選フレームワーク20

pest分析_例_新人コンサルタントが最初に学ぶ 厳選フレームワーク20

ビジネスフレームワークを学べる本として「新人コンサルタントが最初に学ぶ 厳選フレームワーク20」もおすすめです。

本書は株式会社フィールドマネージメントによって著された、新人コンサルタント向けの書籍です。

コンサルタント向けのビジネスフレームワークは多くあるため、新人のコンサルタントの人はどれを使えばいいかわからないと思うこともあるでしょう。

本書ではコンサルタントが実際に使用する基礎的なフレームワークを20選厳選して紹介しています。

フレームワークの基礎的な解説のみならず、使用すべき場面などについても言及されているため、実際に利用する際の手助けになるでしょう。

ビジネスフレームワークの基礎について学びたいという人には、ぜひおすすめしたい1冊です。

コンサル一年目が学ぶこと

pest分析_例_コンサル一年目が学ぶこと

フレームワークだけでなく、コンサルとしての立ち振る舞いも学べる1冊が「コンサル一年目が学ぶこと」です。

本書はアクセンチュアでのコンサル経験後、多くのコンサル会社の設立や運営に携わっている大石哲之氏によって書かれた本です。

本書の最大の特徴はフレームワークだけでなく、コンサルタントとしての話し方や文書作成の基本など、実務に役立つ実践的な内容が書かれている点です。

「結論から話す」や「最強パワポ資料作成術」などの章が設けられているため、一読することで長きに渡って役立つ知識が身に付くでしょう。

フレームワークの知識に加えて、コンサルタントの基礎を学びたい人には特におすすめです。

PEST分析を例を用いて学べるおすすめ動画

pest分析_例_PEST分析を例を用いて学べるおすすめ動画

PEST分析について書籍だけでなく、お金をかけずに動画で学びたいという人もいるでしょう。

ここでは、PEST分析が学べるyoutubeでおすすめの動画を3つ紹介します。

具体的には以下の3つです。

【未来予測】世界一わかりやすいPEST分析のやり方と例(2020〜2021)【バックキャスティング】【マーケティング基礎講座】

こちらは、マーケティング用語を優しく解説する動画で知られる「モリマツさん」作成の動画です。

本動画は、小学生でもわかるようにPEST分析を解説することをテーマに、授業形式で編集されています。

うまい棒など親しみのある例を基に解説されているので、小難しい話も少なく、理解しやすいでしょう。

モリマツさんのチャンネルではPEST分析以外にもSWOT分析や3C分析についても優しく解説されているので、コンサル手法を基礎から学びたい人におすすめです。

【#3】一気に理解する『PEST分析』の使い方

「一気に理解する『PEST分析』の使い方」は、ビジネスフレームワークを始め様々なライフハックも紹介しているずれっしゅラボさん作成の動画です。

PEST分析を図やイラストを用いて解説しているため、より視覚的にPEST分析を理解することができるでしょう。

より視覚的に理解を深めたい人は、視聴してみることがおすすめです。

「"PEST分析"で時代のトレンドを予測する!! 未来構想①」は、経済学者であり一般社団法人やさしいビジネスラボの代表理事でもある中川功一さん作成の動画です。

本動画ではPEST分析の解説の前に、「そもそも経営戦略って何?」「未来予測ってできるの?」といったコンサルタントの根幹となる知識についても解説しています。

なぜビジネスフレームワークを知る必要があるのか?といった基礎の基礎から学べるため、その後のフレームワークの学習も効率よく理解していけるでしょう。

PEST分析だけでなく、SWOT分析など様々なフレームワークについて解説されているので、コンサルティング手法について初歩から学びたい人におすすめです。

PEST分析の例まとめ

pest分析_例_PEST分析の例まとめ

今回はPEST分析を、政治的要因や経済的要因などの要因ごとや、食品業界やアパレル企業などを例に紹介しました。

PEST分析を正しく理解することで、新規事業や事業の方向転換の際に、正確な分析ができるようになります。

本記事で紹介したポイントや書籍も活用して、PEST分析をマスターしましょう。

-フレームワーク