フレームワーク

ビジネスモデルキャンバス(BMC)とは?テンプレートの活用の仕方と欠点等を徹底解説

ビジネスモデルキャンバス_欠点_テンプレート

ビジネスモデルキャンバスはどのように活用すればいいの?

ビジネスモデルキャンバスって最近よく聞くけど何なんだろう?

 

近年、個人で仕事をする人達が増えているなかで、ビジネスモデルを素早く作成できると注目されているのが『ビジネスモデルキャンバス(BMC)』

もちろん多くの大企業でもビジネスモデルキャンバスは当たり前に活用されています。

ビジネスモデルキャンバス…何となく聞いたことはあるような気はするけど、あまりよく分かってない方も多いのではないでしょうか。

今回はビジネスモデルキャンバスについて、実際の活用事例も紹介しながら、どのように活用するのか、ビジネスモデルキャンバスの隠れたデメリットなど、詳しく解説していこうと思います。

ビジネスモデルキャンバスをざっくり言うと

  • ビジネスモデルキャンバスとはビジネスモデルを可視化するためのもの
  • ビジネスモデルキャンバスは9つの要素で構成される
  • ビジネスモデルキャンバスにはメリットの他に欠点もある
  • ビジネスモデルキャンバスに関する研修を受けたい場合は派遣講師をしている企業に講師依頼をする
  • ビジネスモデルキャンバスに似たフレームワークにリーンキャンバスがある

ビジネスモデルキャンバス(BMC)とは

ビジネスモデルキャンバス

ビジネスモデルキャンバスとは、アレックス・オスターワルダーとイヴ・ピニュールによって開発された、ビジネスモデルを可視化するためのフレームワークです。

現代の発展し複雑さを増したビジネスの世界で、改めて重要視されているのが「誰にどんな価値を提供していくか」ということです。

ビジネスモデルキャンバスを使うことは、これからの市場を生き抜く上で確固たるビジネスモデルを構築していくためにとても大切な事です。

ビジネスモデルキャンバスには顧客との関係やコスト構造、収益の流れなど9つの要素があり、それぞれの関係性を見える化することで、ビジネスモデルを作っていく上で、大いに役立ちます。

大企業だけでなく、個人でお仕事をしている人達にも注目されているフレームワークがビジネスモデルキャンバスです。

ビジネスモデルキャンバス9つの構成要素

ビジネスモデルキャンバス_テンプレート

ビジネスモデルを決めるには、顧客やリソース、マーケティング、コストなどを設定するのが大原則になります。

注意すべき点として、各要素を独立させてはいけないということです。
顧客やサービスが分かるから、コストやリソースが分かります。

全ての要素は関連付いていますので、その視点で論理的にビジネスモデルを作成することが大切です。

ビジネスモデルキャンバスは9つの要素で構成されています。
それぞれどんな要素があるのか見ていきましょう。

【1】顧客セグメント(CS:Customerts)

 

ビジネスモデルキャンバス_顧客_CS

価値を誰に提供するか」「顧客の中で最も重要なのは誰なのか」を記述します。

1種類の顧客だけでなく、年収や性別、年齢層などに分けてビジネスモデルキャンバスを作成することでより柔軟にビジネスを展開できます。

事業によってはフリーペーパー事業のように「広告主」と「読者」のような独立した2つの顧客が発生する場合もあります。

【2】価値提案(VP:Value Proposistions)

ビジネスモデルキャンバス_価値提案_VP

設定した顧客セグメントに対して、「どのような価値を提供していくか」「どのようにニーズを満たしていくのか」を記述します。

既に世の中にあるものではなく、よりよいサービスや商品によって顧客の悩みや願望を叶えられるような価値を決めて行きましょう。

価格帯・品質・デザイン・利便性など、独自の価値を提供することで、競合他社との差別化を図ることができます。

価値は人によって千差万別ですので「自分が価値があるものだと思っていたサービスや商品が、顧客にとっては無価値だった」というケースはよくあります。

価値提案(VP:Value Proposistions) を使って、自分と顧客のニーズのズレを解消していきましょう。

【3】チャネル(CH:Channels)

ビジネスモデルキャンバス_チャネル_CH

顧客セグメントに対して「どのような形で価値を提供するのか」を記述します。

またビジネスをする上で必要不可欠な「顧客からのフィードバックを得る方法」
「顧客に対してのアフターフォローの方法」についても考えていきます。

SNSやホームページ、インターネット販売、法人営業や顧客からの紹介などがあります。

【4】顧客との関係(CR:Costomer Relationships)

bビジネスモデルキャンバス_顧客との関係_CR

顧客セグメントと「どのような関係を築いて行くか」を記述します。

・「売りきりのフロービジネスにするのか、ストック方のビジネスなのか」

・「新規顧客を獲得することに重きを置くのか、それとも既存顧客を中心にビジネスを展開していくのか」

・「専用スタッフを置いて顧客に丁寧に対応し、顧客満足度の向上を図ったり、SNSなどでコミュニティーを作ることで、顧客との繋がりを深める」

このようなことを考えるようにしましょう。

例えばコンビニなどは利便性が提供価値に近いため、比較的顧客との距離は浅い関係になりますが、近年ではポイント会員制による囲い込みで、長期的な関係を図っています。

このように1度決めたビジネスモデルも時代や、競合他社によって変化していくことになります。

【5】収益の流れ(RS:Revenue Streams)

ビジネスモデルキャンバス_収益の流れ_RS

顧客が「何にお金を払っているか」「どんな価値にお金を払っているか」
を記述します。

商品や使用料の他に、レンタル料や購読料、ライセンスなども含みます。

「どのように価値を届ければ、お金を支払ってでも顧客は喜ぶのか」という視点で考えるようにしましょう。

【6】リソース(KR:Key Resources)

ビジネスモデルキャンバス_リソース_KR

「顧客に価値を提供するために必要な資産(リソース)」を記述します。

資産(リソース)には人やモノ、お金や情報などがあります。リソースが多すぎる場合は無駄が発生しますので、ちょうどいいバランスで決めていくことがとても重要になってきます。

会社が持つ現預金はもちろん、銀行からの融資限度額などもリソースに含まれます。

【7】主要活動(KA:Key Activities)

ビジネスモデルキャンバス_主要活動_KA

「顧客に価値を提供するためにどのような活動をやるべきか」を記述します。

商品制作、営業やマーケティングなど、事業を円滑に進めるためにやるべき行動を記述していきます。

顧客セグメントに対して価値を提供するための必要な行動はビジネスモデルの基幹となる重要なパートです。

【8】キーパートナー(KP:Key Partners)

ビジネスモデルキャンバス_キーパートナー_KP

 

ビジネスを展開する上で必要な相手(キーパートナー)を記述します。

顧客とキーパートナーが重複してしまった場合は、お金を支払う相手はキーパートナーに記載し、こちらがお金を支払って貰う場合は顧客セグメントに記載するようにしましょう。

ビジネスの多角化によって一社完結ビジネスは難しくなってきてる一方で、他社と共同で新しい商品を開発したり、外部発注により開発費や時間を削減できたりと、

パートナーの存在はより重要になってきています。

ちなみに複数の企業が協力して作られた技術に「ブルーレイ」があります。

【9】コスト構造(CS:Cost Structure)

ビジネスモデルキャンバス_コスト構造_CS

ビジネスを展開していく上で必要なコストを記述します。

月々にかかる固定費と、生産量や成長の度合によって変わる変動費を分けて考えるとより分かりやすくなります。

コストによっては、他の要素を変更する場合もあります。

どんなに素晴らしい商品を売ってもコストに無駄が多ければその分利益も少なくなってしまいます。

コスト構造を明確にすることで、無駄な出費などはないか、確認していきましょう。

ビジネスモデルキャンバスの書く手順

ビジネスモデルキャンバス_書く手順

「ビジネスにビジネスモデルキャンバスが必要な事は分かったけど実際にどのような手順で書いていけばいいのかわからない」って方も多いかもしれませんね。

実際、結論からいってしまえば書く手順に関して、何か特に決まりがあるわけではありません。

しかし「誰にどのような価値を提供するか」はビジネスを進める上で大前提になりますので、顧客セグメントと提供価値を先に記入すると残りの要素もスムーズに書けるはずです。

顧客セグメント、提供価値が書けると、チャネル、顧客との関係やパートナーなどが導き出されます。

コスト構造は全て設定した上で俯瞰して考えていく必要があるため、最後に記述する事をおすすめします。

まずは正確性や安全性を気にするよりも、全てのブロックを埋める事を意識し、もし埋めれない箇所などがあればアンケートを取るなどして、埋めていくようにしましょう。

ただ、売上を最大化する事だけに意識が向かうと、売り手主導のビジネスモデルを想定してしまい、架空の顧客像を創ってしまいかねません。

「顧客にどのような価値を提供し、顧客の悩みを解決するのか」はとても重要になってきますので、常に意識しながらビジネスモデルキャンバスを作成していきましょう。

スターバックスコーヒーのビジネスモデルキャンバスの活用例

ビジネスモデルキャンバス_スターバックスコーヒー_活用

もはや世界中で知らない人はいないと思う程に世界中で愛され、日本だけでも47都道府県に1600店以上も店舗を持つ「スターバックス」。

何かとビジネスを語る上で、スタバは例に挙がりやすいですね。

そんなスタバのビジネスモデルキャンバスの9つの要素を考えてみましょう。

【1】顧客セグメント(CS:Customer Segments)

ビジネスモデルキャンバス_顧客_CS

常にプレッシャーを感じている人。

スタバではコーヒーを飲みながら、PCを忙しそうに眺めている、サラリーマンの方や、おそらくフリーランスらしき人を多く見かけます。

そんなハードな日常から「少しの時間だけでもリフレッシュしたい」人達がスタバには多く集まります。

【2】価値提案(VP:Value Proposistions)

ビジネスモデルキャンバス_価値提案_VP

 

スタバは地方の店舗でも県庁所在地にあることが多く、都会のオアシス的な役割を顧客に価値提供したいのではというのは想像ができます。

仕事と仕事の合間に一息ついたり、スタバで仕事をしている人たちもスタバの美味しいコーヒーでリラックスできます。

【3】チャネル(CH:Channels)

ビジネスモデルキャンバス_チャネル_CH

 

どのような方法で価値提供するかのチャネルですが、スタバはオンラインでも一部マグカップ等の販売もしていますが、主に店舗によって価値提供をしています。

【4】顧客との関係(CR:Costomer Relationships)

bビジネスモデルキャンバス_顧客との関係_CR

顧客との関係に関してはスタバは質の高いおもてなしで有名です。
商品自体はコーヒーになりますので、もちろん売り切りの関係になります。

【5】収益の流れ(RS:Revenue Streams)

ビジネスモデルキャンバス_収益の流れ_RS

収益の流れはコーヒー代金を顧客から頂戴したものが、収益としてカウントされます。

また、コーヒー豆やタンブラー、グッズ等も販売されており、そちらも収益の流れにカウントされます。

【6】リソース(KR:Key Resources)

ビジネスモデルキャンバス_リソース_KR

 

リソース(資産)には明るく、笑顔あふれるバリスタや、上品な香りが特徴のコーヒー豆などがあります。

【7】主要活動(KA:Key Activities)

ビジネスモデルキャンバス_主要活動_KA

古くなった豆を使わないようにする工夫や、スタバの接客は多くの顧客を相手にしている割に、ストレスを感じさせず自由度が高いです。

そのような「自分で考えて行動する接客」も活動内容に含まれるでしょう。

忙しく都会で働く顧客が多いので、顧客にストレスを感じさせないよう、そのような伸び伸び自由度の高い接客をしている可能性も考えられます。

【8】キーパートナー(KP:Key Partners)

ビジネスモデルキャンバス_キーパートナー_KP

 

契約している農園がキーパートナーになります。

また、販売しているマグカップやタンブラー、グッズ等を作っている会社もパートナーの位置づけになります。

【9】コスト構造(CS:Cost Structure)

ビジネスモデルキャンバス_コスト構造_CS

コーヒー豆の仕入れコストや人件費、人材育成コストなどが考えられます。

スタバのスタッフは高いサービスと、てきぱきとした素早い動作で有名ですので、人材育成にかなり力を入れていることが想像できます。

ビジネスモデルキャンバスを使うメリット

ビジネスモデルキャンバス_メリット

ビジネスモデルキャンバスを使うことでいくつかのメリットがあります。
そのいくつかの例を挙げてみましょう。

【1】ビジネス全体の主要なポイントを細かく見える化できる

ビジネスモデルキャンバス_メリット_視覚化

競争優位性の高いSWOT分析や3Cといった主流のフレームワークも事業を立ち上げる上で確かに有効です。

しかしビジネスモデルの詳細を設定するには、競争優位性のみに重きを置いていないビジネスモデルキャンバスの方が主要なポイントを細かく見える化することができます。

また先ほどのスタバのビジネスモデルキャンバスのように、

競合他社の解析を行うことも可能になり、競合他社の弱点や、自社商品を差別化する方法が分かったりと、事業拡大や業績アップには欠かせないツールになります。

【2】顧客との共創を描くことができる

ビジネスモデルキャンバス_メリット_共創

ビジネスを始めたばかりの人が、自分の都合でビジネスを考えてしまい、上手く行かないケースが多くあります。

それは顧客の立場に立ってビジネスを考えられていなかったり、企業や自分たちに寄り過ぎたビジネスモデルになっているためです。

ビジネスモデルキャンバスでは「自分たちがどのように顧客と関わっていくのか」についてもフレームワーク内でデザインできるため、バランスのいいビジネスモデルを創っていくことができます。

【3】チームワーク向上に繋がる

ビジネスモデルキャンバス_メリット_チームワーク

新たにビジネスを始める上で、発案者以外の人たちの理解もとても重要になってきます。

自分だけ熱い想いで進むのではなく、社内にいる人たちがしっかり納得し、同じ方向に向かって進んでいくことでより、円滑なビジネスを展開することができます。

ビジネスモデルキャンバスを活用することで、それぞれの認識の違いを正し、同じ認識で事業に取り組むことができます。

また、ビジネスモデルキャンバスには正解がなく、自由な発想をすることができます。

それぞれの違った視点で考え方や意見を交えることで、チーム内の和も広がり、より良い環境を創るきっかけにもなります。

ビジネスモデルキャンバスの欠点

ビジネスモデルキャンバス_欠点

様々なメリットがあるビジネスモデルキャンバスですが、意外にもビジネスモデルキャンバスには欠点もあります。

それは「競合の存在を考慮していない」ことです。

そして自分たちと同じようなビジネスモデルキャンバスを作成している誰かがいる可能性もあるのです。

大切な事はビジネスモデルキャンバスを作成して満足するのではなく、

自分たちの強みを知り、もしライバルが現れた時にはどのようなアプローチをして、その壁を突破していくのか、事前にあらゆる可能性を視野に入れておくことです。

誰がいつどの段階で使用するか

ビジネスモデルキャンバス_誰が_いつ

ビジネスモデルキャンバスはどんな人でも気軽に活用できる便利なツールです。

特に自分でビジネスを始めようと思っている方や、既にビジネスを始めている方、新規の事業企画に携わる方には重宝するツールになるでしょう。

1度書いて終わりではなく、何度も書く習慣をつけることで、事業プランを落とし込めるだけではなく、

新しいアイデアが湧いて来る時もありますので、日ごろから繰り返し書く癖をつけるのがおすすめです。

他社や気になる企業のビジネスモデルキャンバスを分析して実際に書いて見ることで、

その企業がどのようなビジネスモデルで事業を展開しているのか分かるようになり、

その会社の正しいイメージや戦略を掴むことができます。

 

より高度なビジネスモデルキャンバスを完成させるために

ビジネスモデルキャンバス_高度

【1】事前リサーチの重要性

ビジネスモデルキャンバス_高度_リサーチの重要性

何となく書くのであればビジネスモデルキャンバスを使えてるとは言えません。

他社を単に真似しただけだったり、何となく思いついたものを書くのではなく、

過去の事例や他の事業の参考情報などをできる限りリサーチして、質の高い情報を元にビジネスモデルキャンバスを作成していきましょう。

そうは言っても初めて書く時は、なかなかどのように書くべきか分からない点もあるかもしれませんので、

実際に気楽な気持ちで1枚書いて見て、徐々に精度を上げていくのもいいでしょう。

そして繰り返しにはなりますが「誰のどんな課題や問題を解決できる商品やサービスなのか」という部分はしっかり意識しましょう。

【2】他のフレームワークとの併用

ビジネスモデルキャンバス_高度_他のフレームワークとの併用

ビジネスモデルキャンバスは「競合の存在を意識していない」などのデメリットも存在します。

SWOT分析や3C分析などと組み合わせることで、更に精度の高いビジネスモデルを創ることができます。

【3】実際のビジネスに対する考え方

ビジネスモデルキャンバス_高度_実際のビジネスに対する考え方

たくさんのメリットがあるビジネスモデルキャンバスですが、ビジネスモデルキャンバスを作成すること自体がビジネスではありません。

ビジネスモデルキャンバスを元に様々なアクションを行っていく事になるのは事実ですが、あくまでビジネスモデルキャンバスは仮説であり、

ビジネスモデルキャンバスを作成した後もチーム内で意見を交わしたり、改善すべき点が見つかれば初心に戻って改善に注力することはとても重要です。

自分たちや企業の立場に寄り過ぎたビジネスモデルになってないか今一度確認し、顧客も自分たちも満足できる、そんなビジネスを目指していきましょう。

 

ビジネスモデルキャンバスに関する研修を行いたいときは

ビジネスモデルキャンバス_研修

個人や多くの企業に注目されているビジネスモデルキャンバスですが、社内で研修を行いたい企業も増えているようです。

自力でネットなどを使って知識を習得することもできますが、ビジネスモデルには様々なシチュエーションがあるため、

いくつかの企業のビジネスモデルキャンバスをみて、理解を深めるのはなかなか難しい場合もあるでしょう。

そういった場合はやはり、ビジネスモデルキャンバスに詳しい方たちから直接指導を頂くのが、近道になります。

せっかくのビジネスモデルキャンバスも間違った知識で活用してしまっては効果も半減してしまいます。

ビジネスモデルキャンバスの研修依頼などは、ビジネスモデルキャンバスの派遣講師をしている企業に講師依頼をしてみましょう。

"事業戦略立案研修 ビジネスモデルキャンバスで戦略を具体化する(1日間):現場で使える研修ならインソーhttps://www.insource.co.jp/kanrisyoku/ka-project-strategy.html

リーンキャンバスとの違い

ビジネスモデルキャンバス_リーンキャンバス_違い

ビジネスモデルキャンバスと混合されやすいフレームワークに、リーンキャンバスがあります。

リーンキャンバスも9つの要素によって構成されていますが、ビジネスモデルキャンバスとの違いは

「ビジネスモデルキャンバスは顧客やリソースにフォーカスしているが、リーンキャンバスはビジネスの課題や価値にフォーカスしている」ということです。

リーンキャンバスはより仮説を立てて、項目を埋めていく事が多いので、スタートアップ企業に適していると言われています。

ビジネスモデルキャンバスまとめ

今回はビジネスモデルキャンバスについて解説致しました。
この機会に様々なフレームワークを調べて見るのもいいかもしれませんね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

-フレームワーク