フレームワーク

ファイブフォース(5Force)分析とは?ユニクロの事例でわかる活用法

ファイブフォース(5Force)分析とは?事例でわかる活用法

前回は外部環境を読み取るために「PEST分析」を行う方法について解説してきました。

しかし、どれだけ外部環境を捉えてその流行にあった施策を行なってもそれが収益につながらなくては意味がありませんよね

そこで自分のいる業界の構造を理解し、収益の方法を明らかにしてく分析にファイブフォース(5Force)分析があります。

そこで今回はファイブフォース分析についてユニクロを事例にしてわかりやすく解説していきます。

ファイブフォース分析とは

ファイブフォース分析とは、アメリカの経営学者マイケルポーター氏が提唱した業界の構造と収益性を理解するためのフレームワークです。

クマパン
収益性とは簡単に言うと「お金を稼ぐ力」のことだよ!

収益性が高いとは、少ない資金でも大きな利益をあげ、売り上げに対して大きな利益を得られている状況を指します。

例えば、製造業では商品を作る際に、原材料をできるだけ安くすることで、同じ販売の値段でもより多くの利益を上げることができます。

考え出した施策も収益につながらないと意味がありませんし、どうせ行うなら利益が高い施策の方がいいですよね。

自分たちの業界の中の収益の構造を理解しておくことで、効率よく収益を伸ばすことができます。

ファイブフォース分析では5つの脅威を考える

ファイブフォース分析

ファイブフォース分析

ファイブフォース分析では自分たちの収益に影響を与える要因は5つあると言われています。

それぞれの要因の影響を的確に分析して「自分たちはどんなふうに有利なのか?」「自分たちはどんな場面で不利なのか?」について把握することができます。

それでは、5つの脅威についてご紹介していきます。

業界内の競合の脅威

  • 競合のシャアの大きさは?
  • 競合の数は?
  • 競合のブランド力はどのくらいか?

自分の業界の競合はどれだけ影響があるのか」について分析してみましょう。

業界の競合の強さ(ブランド力やシェア)や、競合の数の多さなどに着目して分析してみてください。

他にも、今はそこまで大きな脅威になりそうでなくても、その企業の成長率を見ることで将来的に大きな脅威になります。

新規参入の脅威

  • 新規参入しやすい市場か?
  • 自分たちの業界に入ってくる参入者にとって、自分たちは脅威となるか?

「新規参入のハードルが低いか」「新規参入されても先の企業が優位なポジションのままか?」といった感じで「新規参入の脅威」を考えてみます。

新規参入の可能性が高いほど、競争が激しくなるので収益が伸びにくくなる傾向があります。

一般的に先にいた企業が大きなシェアを持っていると新規参入のハードルが高くなります。

例えば飲食店などの新規参入のハードルは低いと言われています。

安い・早い・うまいの牛丼チェーン店の「すき家」や「吉野家」などはすでに大きなシェアを占めてしまっています。

単純に「安くて早い牛丼屋」といったコンセプトでは、新規参入は難しいでしょう。

買い手の交渉力

  • 買い手と自分たちの力関係は適切か?
  • 価格競争のために、値段を下げすぎてはいないか?

買い手がどのようなことを求めて、それに応えるためにどれだけ労力が必要なのか?」を知るための分析をしていきます。

買い手の要望が強すぎるとなかなか収益をあげることが難しくなります。

例えば、携帯会社で例をあげると大手キャリアのドコモ、ソフトバンク、au以外に格安キャリアのLINEMOや楽天モバイルが参入したことで、買い手の多くは格安キャリアに乗り換えました。

そうすると、大手キャリアもさまざまなキャンペーンや割引を適用して通信料を下げざるおえなくなったので、収益があまりなくなってしまいます。

ポイントは、激しい価格競争によって無理な割引競争になっていないか?この価格は適切なのか?を分析するようにしてください。

また、他にも顧客にとってのスイッチングコストが低いかも分析してください。

スイッチングコストとは、「買い手がサービスを切り替える際にかかる時間やお金などの労力」のことを指します。

例えば、あなたが月々の携帯代金に納得がいかず、安い携帯会社に乗り換えようかと考えているとしましょう。

しかし、乗り換える際にはさまざまな費用と手間がかかってしまいがちです。

  • 現在の携帯会社の解約料
  • 本体の残りの代金
  • 必要な手続きの書類
  • 実店舗に行って手続きをする

このような手間は誰でもかけたくはないですよね。

このような、費用や手間のことをスイッチングコストと言います。

このように、スイッチングコストが大きいほど、顧客の影響は大きくなってしまいます。

売り手の交渉力

  • 仕入れ先との力の関係は?
  • 他に良い仕入れ先はないのか?

商品を作るときに原材料を仕入れますが、そのときの仕入れ先との力の関係性を分析するのも大切です。

当然原材料を仕入れるときに、そのコストが高いと売り上げがあっても利益が少なくなってしまいます。

仕入れ先が大きなシェアをしめている場合、売り手の交渉力は強い傾向があります。

ここでも同じようにスイッチングコストを考えてみましょう。

例えば、飲食店では、農家から食材を仕入れていますが、仕入れ先の農家さんが値段を上げたとしても、他の安い農家さんから仕入れることで、仕入れのコストを抑えることができます。

この場合はスイッチングコストが低いと考えられます。

しかし、その野菜はとても質が良く、貴重なものであり、その農家さんからしか仕入れられないとしましょう。

そうすると、値段が上がったとしても、それに従うしかなくなります。

このような場合はスイッチングコストが高いと言えます。

スイッチングコストの大きさは、買い手、売り手の両方の面で重要になってくるので、常に意識をしておくようにしましょう!

代替品の脅威

  • 自社の商品にとって変わるものはなにか?
  • 顧客にとって、代替品と自社の製品のどちらが使いやすいのか?

「自分たちの商品が他のものに移り変わる危険性があるか?」について分析する必要もあります。

安いものや質のいいものなど、消費者にとっていいものがあれば当然そっちの方を使いたくなりますよね。

例えば、本について考えてみましょう。

最近ではスマホの普及で電子書籍が一般的になり、わざわざかさばる紙の本を買わなくてすみます。

さらに電子書籍の方が紙の本よりも安い傾向があるので、紙の本は電子書籍と言う代替品によって移り変わってしまいます。

代替品の可能性は他にもあります。本は「知識を得る」「家で自分の趣味の時間を楽しむ」と言う価値を消費者に提供してくれます。

しかし、「知識を得る」なら、新聞やニュースを見るだけでもできますし、「自分の趣味の時間を楽しむ」のなら、スマホアプリやテレビなどの本以外の別のものでもいいはずです。

このように代替品を考える際には「消費者に同じ価値を提供しているもの」を考えるのがポイントです。

ファイブフォース分析の目的と活用方法

ゆうくん
ファイブフォース分析ってなんで必要なの?

ここでは、ファイブフォース分析の目的は大きく分けて3つあります。

ファイブフォース分析の目的

  • 収益性をあげる
  • 新しい業界に参入するかどうかの判断
  • 自分たちの経営資源の適切な配分

先ほどもお伝えした通り、業界の構造や収益性を理解することで、効率よく利益をあげることができます。

  • 競合を分析する⇨競合との優位性を把握できる
  • 新規参入を分析する⇨新規に参入した企業に対しての優位性がわかる
  • 買い手を分析する⇨値段を下げすぎず、売上を伸ばすことができる
  • 売り手を分析する⇨仕入れ値を安くして、利益を上げやすくする
  • 代替品を分析する⇨自分たちの商品の価値を把握できる

また、自分たちが新しい事業を始める際に「この業界に新規参入しても利益が出そうか?」「新規参入するのは難しくないのか?」といったことを把握するのに役に立ちます。

自分たちの限りある会社の資金や労働力といった経営資源を無駄にしないためにも、自社の業界の機会や脅威をしっかりと把握しておくことが重要になってきます。

ユニクロの事例でわかるファイブフォース分析

それでは、具体的な事例を交えて実際にファイブフォース分析を行なってみようと思います。

今回は皆さんの馴染みも深いであろう、有名な「ユニクロ」を例にとり分析してみようと思います。

ユニクロは、全国にフランチャイズ展開しており、高品質・低価格のカジュアルブランドで有名なアパレル会社です。

業界内の競合の脅威

しまむら

しまむら

GAP

GAP

まず、業界の競合の脅威について考えてみましょう。

同じ業界に関してはしまむら・GAP・無印良品・H&M・ZARAなどがあげられます。

このようなユニクロの同じ業界の競合は比較的に強いですが、その中でも、ユニクロは大きなシャアを占めているので、競合の影響はそこまで大きくはないと思います。

影響力中

新規参入の脅威

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

すでにユニクロは大きなシェアをしめており、新規参入するとすれば相当なハードルです。

強いて言うなら、アマゾンやZOZOなどの通販サイトで安売りされた場合には大きな脅威になりそうです。

ZOZOでは、オンラインでも服の試着ができるサービスを始め、通販サイトでよくあった「実際に購入してみると、思っていたのと違っていた」というのが少なくなってきました。

クマパン
たくさんのクーポンがもらえるのも魅力のうちだよね!

影響力小

買い手の交渉力

ユニクロはデザインで個性を表しているわけではない印象です。

たまにクリエイターとコラボすることはありますが、基本的に無地のデザインが多く、買い手の交渉力は高くなる傾向があります。

クマパン
「安くて、高品質なもの」を求められるよ!

影響力大

売り手の交渉力

ユニクロは製造から販売、宣伝までを自分たちで行う「SPA方式」を採用しています。

世界の素材メーカーと直接交渉することで、高品質な素材をローコストで大量に安定調達しています。

ゆうくん
大量発注で、ほかのメーカーよりも有利になれるんだね!

また、ユニクロは実店舗の数が多く、売り手からするとかなり大きな収入源となります。

デザインするクリエイターからすると自分の商品が広まりやすくなるので、むしろお願いしたいくらいの気持ちだと思います。

以上から、売り手の交渉力の影響は小さいと分析できます。

影響力小

代替品の脅威

最近では無印良品のシンプルなデザインが人気となってきていて、値段もそれほど高くなくなってきています。

さらに、しまむらは取扱商品の種類が多く、自分にあった1点を見つけられる楽しみを持っている人が多いです。

ゆうくん
結構、ユニクロの特徴とかぶっできているね。

また、最近ではわざわざ服を購入しなくても服をレンタルできる「MECHAKARI」などのようなサービスが段々と出てきています。

たくさんの種類の服を楽しめる上に、洗濯・服の保管の手間が省けるのがメリットです。

クマパン
服のレンタルが当たり前の時代になると危ないね…

影響力中

 

分析のまとめ

今回の分析で最も気をつけないといけないのが「買い手の交渉力」でした。

デザインに特別個性があるわけではないので、買い手のニーズに応えたり、差別化をしていくのが難しいように感じます。

また、今後服のレンタルが主流となれば、それも大きな脅威になってしまうと思います。

ファイブフォース分析のまとめ

いかがでしたか?自分たちの置かれている業界の構造を正しく理解するためのファイブフォース分析についてご理解できましたか?

この記事のまとめ

  • ファイブフォース分析とは業界の構造と収益性を理解するためのフレームワークである
  • ファイブフォース分析では、「業界内の競合の脅威」、「新規参入の脅威」、「買い手の交渉力」、「売り手の交渉力」、「代替品の脅威」の5つに分類する。
  • 5つの脅威を正しく把握することで、自分たちがいかに収益をあげられるかを理解することができる

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

-フレームワーク