フレームワーク

【無料テンプレート】4P分析とは?やり方を事例で分かりやすく解説

【無料テンプレート付き】事例でわかる「4P分析」
自分達の商品が思うように売れない…
4P分析っていうフレームワークがあるけど、どうやって使うの?

企業の担当者の中には、良い商品を提供しているのにも関わらず、売上が伸びなくて困っている方も多いのではないのでしょうか。

実は、こう言った企業の方には自分達の魅力を十分に伝えることができず、無駄な施策をしているかもしれません。

そんな時に役に立つのが、マーケティングフレームワークの1つである「4P分析」です。

そこで、今回は「4P分析」のやり方を事例を用いてご紹介!

初めての方でも簡単に行えるように無料で使えるテンプレートを用意しているので、ぜひ活用してください。

無料で使えるテンプレートはこちら!

4P分析とは?他のフレームワークとの関連性

4P分析の概要

4P分析の概要

まず、4P分析とは、Product(商品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売促進)の頭文字をとった、マーケティングフレームワークの1つです。

4P分析では、「良質な製品」、「良質な価格」、「最適な場所」、「最適な宣伝方法」でサービスを提供することを目標としています。

マーケティングフレームワークの位置付けとしては、これまで考えてきたマーケティング戦略を実践に移す段階になります。

4P分析の流れとポイント

分析の流れは、基本的に(1)Product(商品)→(2)Price(価格)→(3)Place(流通)→(4)Promotion(販売促進)の順に行っていきます。

それでは、それぞれ4つのPにを考える際のポイントについてご紹介してきます。

4P分析①|Product:商品

まず、最初に自分たちの商品(Product)について考えてきます。

4P分析において、もっとも基本的な部分であり、「商品」がないと企業として成り立たないので、しっかりと考えましょう。

商品について分析する際に抑えておきたいポイントは以下の4つです。

Product:商品のポイント

  • 顧客のニーズに応えるような商品を考える
  • 自分たちの商品のコンセプトを明確にする
  • 商品ができるまでの流れに注目する
  • すでにある商品にも注目する

1つずつご紹介していきます。

顧客のニーズに応えるような商品を考える

商品を利用してくれる顧客が望んでいないものを提供しても意味がありませんよね。

顧客のニーズを把握するために「3C分析」や「STP分析」などの他のフレームワークを用いてあらかじめ分析しておくことが大切です。

これらの詳しい説明は、以下の記事を参考にしてください

自分たちの商品のコンセプトを明確にする

販売する商品は、自分たちのコンセプトを明確に表しているようにしてください。

具体例 例えば、高品質で魅力的なデザインを提供しているAppleが突然iPhone以外の格安のスマートフォンを販売し出したら驚きますよね。

「これが自分たちの商品だ!」「自分たちの会社と言えばこの商品だ!」と言えるようなコンセプトを持って商品におとしこんでいきましょう。

すでにある商品にも注目する

製品を考える際に、新しいものを作ることに目がいきがちですが、今自分たちが持っているものに注目してみるのもいいでしょう。

これまでの自分たちの商品ですでに人気がなくなり、衰退してしまった商品があるかをみてみましょう。

実は、そのような商品は、これからの消費者ニーズにあった商品かもしれません。

例えば、一度90年代にブームとなった「ロングブーツ」ですが、2020年に再びSNSで有名になり、現在のトレンドになってきています。

ロングブーツのトレンド

ロングブーツのトレンド

出典:googleトレンド

このように、自分たちの商品の中で、流行が終わってしまったと思った商品でも、実は新しい可能性を秘めているかもしれません。

 

Price:価格

商品の価格(Price)を設定していきます。

ここでは以下のような点に注目してみてください

Price:価格のポイント

  • 顧客が受け取る価値を最優先にする
  • 競合の価格設定を常に意識する
  • 利益重視か商品のシェア重視か

顧客が受け取る価値を最優先にする

企業として、商品を提供するからには、顧客に対して最高の価値を提供することが何よりも重要です。

ユーザのニーズにあった価格設定が何よりも大切です。

例えば、月額制のサブスクリプションのサービスなどが有名です。

サービスをたくさん使用する方にとって、単発で購入するよりも割安にサービスを利用することができます。

他にも、飲食店である、セットメニューなども、お客さんの利益を最大限にしたい目的で使われます。

また、価格を決める際には、顧客を自社の商品の使用頻度で区別するのも良い手です。

例えば、以下のような区別の仕方があります。

顧客の分類の例

  • 「高頻度で利用してくれている層(ヘビーユーザ)」
  • 「そこまで利用頻度が多くない層(ライトユーザ)」

このように、顧客の層ごとの需要に合わせて考える方法を「需要価格設定」と言います。

競合の価格設定を常に意識する

自分たちの業界の競合の価格を常に意識してみると、自分たちの価格設定の参考になります。

顧客として、商品の質はもちろんのことですが、値段が安い方に魅力を感じてしまいますよね。

競合が価格を下げたタイミングは要注意です。

何かのキャンペーンのタイミングかもしれないので、自分たちの顧客が奪われてしまう可能性が出てきます。

常に競合の価格の変化を追うことで、自分たちの顧客を守ることができるでしょう。

競合の動きを参考にして値段を決めることを「競争志向型」ということもあるよ!

利益重視か商品のシェア重視か

企業として、利益が必要なことは当たり前ですが、その前に自分たちの商品のシェアを伸ばしたいと思う企業も多いと思います。

例えば、すでに同じ業界で競合が大きなシェアを持っていたとすれば、まずは自分たちのシェアを伸ばさないといけません。

利益を優先するよりも顧客にとって買いやすい値段に設定することで購入のハードルを下がり、自分たちのシェアを拡大することができます。

競合の価格設定よりも安くすることで、顧客にとって、商品を買いやすくなりますね。

ちなみに、利益獲得を重要視した値段設定を「スキミングプライシング(上層吸収価格設定)」。

利益はいいから、低価格に設定し、シェアの拡大を狙った値段設定を「ペネトレーションプライシング(市場浸透価格設定)」といいます。

Place:流通

続いては、商品を届ける経路である流通(Place)の設定をしていきます。

ここでも当然「顧客にとって最良の流通経路」を設定する必要があります。

では、顧客にとって最良な流通経路とはどう言ったものなのでしょうか?

以下に具体的な項目をあげておきました。

Place:流通のポイント

  • 顧客にとっての「メリット」に注目する
  • 顧客にとっての「長さ」に注目する
  • 顧客にとっての「種類の多さ」に注目する

 

顧客にとっての「メリット」に注目する

顧客にとってメリットが最大になる流通経路とはどう言ったものがあるのでしょうか?

例えば、書籍について考えてみましょう。

紙の媒体では、「場所をとってしまうのでできるだけ持ち歩きたくない」と言ったニーズに応えるために、「電子書籍で本を販売する」という施策が考えられます。

顧客にとっての「長さ」に注目する

また、消費者に商品が届くまでの長さも重要です。

当然距離が短い方が商品が早く着くので、消費者にとって利益が大きいといえます。

Amazonや楽天などの、通販サイトで購入できるようにすることで、顧客に早く商品を届けることができます。

他にも、多くの店舗を持つことで、顧客がわざわざ遠出して商品を買いに行く必要がなくなるでしょう。

顧客にとっての「種類の多さ」に注目する

流通の「種類の多さ」とはどういうことでしょうか。

流通の種類とは、商品を消費者に届けるまでの経路の多さがのことです。

商品を届けるまでの経路が多いほどいいと思った方も多いのではないでしょうか?

実は、商品を届けるまでの種類の多さは多ければ多いほどいいというわけではありません。

例えば、とある飲食店では独自のシェフの料理を売りにしていたとしましょう。

しかし、チェーン展開しようとすると、他にシェフを雇わないといけなくなるので、料理の品質を保つことが難しくなってしまいます。

このように、流通経路の調節は自分たちのブランドを維持するのに重要となってきます。

流通経路を見つける際には、以下のような視点で考えると良いでしょう。

顧客の分類の例

  • 販売量や販売エリア(チェーン展開するか、一部の地域か?)
  • 販売管理(商品の管理が簡単か?)
  • カスタマイズ(例:オーダースーツ)
  • 商品の耐久性(商品の郵送の際に、商品がだめにならないか?)
  • 流通にかかるコスト(郵送する際のコストは?)

Promotion:販売促進

4P分析の最後に、商品を購入してもらえるように販売促進(Promotion)について考えていきます。

自分たちの商品をいかにターゲットに魅力的に見せるかが重要になってきます。

しかし、ただ商品を買ってもらうようにプロモーションするだけではいけません

ここでも注意するポイントについてご紹介していきます。

Promotion:販売促進のポイント

  • 「STP分析」の内容を意識する
  • AIDMAやAISCEASの法則を活用する

「STP分析」の内容を意識する

4P分析の前に、STP分析で自分たちの商品を「誰に届けるか」を分析してもらいました。

その時に設定した顧客層に最適なプロモーションを設定してください

例えば、対象顧客が高齢者なのに、SNSでプロモーションをしても意味がありませんよね。

自分たちがターゲットにしたい層にあったプロモーション手段を選択することが重要です。

顧客層にあったプロモーションは以下のようなものがあります。

ポイント

  • 専業主婦:日中のTVCM
  • 20代の女性:インスタグラムなどのSNS
  • 高齢者:紙媒体のチラシ
  • ビジネズパーソン:ニュースサイトやアプリ
  • 小学生や中学生:Youtubeなどの動画配信サービス

AIDMAやAISCEASの法則を活用する

AIDMA(アイドマ)やAISCEAS(アイシーズ)はともに、顧客が商品を購入するまでの流れを表したものです。

違いは、AIDMAは昔からあった考え方で、AISCEASはインターネットが普及し出した現代に使われるようになった考え方です。

4P分析の無料テンプレート!

そうわ言っても、自分で4P分析のテンプレートを準備するのは面倒ですよね。

そこで、今回は無料で使える4P分析のテンプレートをご用意いたしました!

テンプレートを利用して、分析の手間を省けるようにしましょう!

無料で使えるテンプレートはこちら!

ユニクロで4P分析!

それでは、ここからこれまで学んできた4P分析についてより理解できるようにユニクロを事例にして、4P分析をしていこうと思います。

4P分析をしてみた

4P分析をしてみた

ユニクロの商品はあえてターゲットを絞らないで、機能性を重視した商品を取り扱うことで、幅広い顧客を獲得することができています。

価格帯もお手頃で、機能性の割にはとてもお買い得だと思います。

さらに、人気俳優の坂口健太郎さんや深田恭子さんが出演しているTVCMや鬼滅の刃とのコラボ商品は多くの反響を呼びましたね。

ユニクロは、全国でフランチャイズ展開をしており、大型のショッピングモールでも購入できる手軽さがいいですね。

このように、ユニクロでは、4P全ての要素のレベルが高いことがわかります。

自分で分析する際には、テンプレートを利用して分析するのがおすすめです!

無料で使えるテンプレートはこちら!

4つのPは組み合わせて考える

いかがでしたか?

4P分析では、自分たちの商品を「どうやって」届けるかを明確にすることができます。

また、これまで分析してきた、それぞれの4Pを結合して分析するようにしてください。

全てに接合性がないと、商品を通じて届ける価値がブレてしまいます。

自分たちの商品を消費者に届けるために、4P分析をしっかりとおこないましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

-フレームワーク