フレームワーク

4C分析とは?事例で他の分析方法との違いも解説!【無料テンプレート付き!】

【無料テンプレート付き!】事例でわかる4C・4P分析の違い

4C分析ってどんなもの?

4C分析の事例ってどんなものがあるの?

4C分析とは、顧客視点で商品を見つめ直すことで、顧客に対して、最高の価値を提供できるようにするマーケティングフレームワークの1つです。

しかし、4C分析を正しくできている方は少ないように思います。

4C分析は顧客視点に立つ必要があり、客観的に見ないとどうしても生産者側の視点が入ってしまいがち。

そこで今回は、4C分析について、事例を交えて分かりやすく解説します

また、これまで主流だった「4P分析」との違いについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

無料で利用できるテンプレートもご用意しているので、ぜひご利用ください!

無料で使える4C分析テンプレートはこちら!

4C分析の事例についてざっくりいうと...

  • 4C分析は顧客視点に立って分析するマーケテイングフレームワーク
  • 4C分析は4つのCから始まるワードの項目から分析をする
  • ユニクロを4C分析すると...?
  • 4C分析の前にSTP分析を行うことを忘れずに!
  • 常に4要素すべてを並行して考えよう!

4C分析とは?

4C分析_事例_4C分析とは?

4C分析ってどんなものなの?

4C分析とは、顧客が得られる価値、商品のコスト、利便性、顧客とのコミュニケーションの4つの要素に分解し、顧客視点に立て、分析するマーケティングフレームワークの1つです。

4C分析の要素

  • Customer Value:顧客にとっての価値
  • Cost:顧客が費やすコスト
  • Convenience:顧客にとっての利便性
  • Communication:顧客とのコミュニケーション

4つのCから始まるワードから分析を行うため、4C分析と呼ばれているんですね!

これらの要素は顧客の購買の意思決定に大きな影響を与えます。

以下では、4C分析の4つの要素について紹介していきます。

4C分析の4つの要素|具体例で紹介!

4C分析_事例_4C分析の4つの要素|具体例で紹介!

4C分析の4つの要素ってイメージが湧きにくい

ここでは、4C分析の4つの要素について、イメージが湧きやすいように具体例を元に紹介していきます。

これらの事例を参考に、各項目を自社に当てはめて効果的なマーケティングに役立てて下さい。

4C分析の要素①|Customer Value(顧客価値)

4C分析の1つ目の要素は、「顧客にとっての価値(Customer Value)」です。

商品自体の価値に近いですが、ここでは顧客が受け取るベネフィットに注目しています。

例えば、スターバックスが提供している価値は、単に美味しいコーヒーが飲めると言ったことだけではありません。

他にも、以下のような価値があります。

  • スタバのコーヒー片手に街を歩くことでおしゃれに見られる。
  • おしゃれなカフェで作業することで得られる背徳感

つまりスターバックスは「作業をすることもできるおしゃれなカフェ」という場を提供しているんですね!

製品の性能自体に目を向けるだけでなく、便利さやブランドイメージなどの顧客にとっての価値に目を向けるようにしましょう。

4C分析の要素②|Cost(顧客コスト)

4C分析の2つ目の要素は「顧客が費やすコスト(Cost)」です。

顧客が支払う料金や、購入にかかる手間が顧客に対してどんな影響を与えるのかについて考えます。

例えば、コンビニを例にしましょう。

コンビニの商品はスーパーなどの商品と比較すると、少々割高です。

しかし、コンビニはいろんなところにあり、雑貨や、食品などの種類が豊富。

支払う料金と、購入にかかるコストとのバランスが取れているといえます。

つまりコンビニは「顧客が費やすコスト」と引き換えに「手軽さや利便性」を提供しているというわけです。

このように、顧客が商品を得るために、かかるコスト(料金や手間)に注目するようにしましょう。

4C分析の要素③|Convenience(利便性)

4C分析の3つ目の要素は、「顧客にとっての利便性(Convenience)」です。

顧客が商品を得る経路に注目します。

例えば、実店舗を構えている企業では、多くの店舗を構えることで、顧客が商品を購入するのが便利になります。

また、EC展開することで、わざわざ外出する手間がなくなり、決済方法も多様になるでしょう。

つまり顧客がとることができる行動の幅を増やすことで「顧客にとっての利便性」を増すこともできるというわけです。

このように、自社が賄える他のコストと比較して顧客が商品を得るために最適な経路を設定することができるようにしましょう。

4C分析の要素④|Communication(コミュニケーション)

4C分析の4つ目の要素は、「顧客とのコミュニケーション(Communication)」です。

顧客にどのように商品を知ってもらうかを考えるようにしましょう。

注意していただきたいのが、ターゲットとしている顧客の属性に適した方法で宣伝するようにしてください。

例えば、高齢者向けの商品をインターネットを通して宣伝することや、若手の俳優や女優を使ってCMを出しても効果が薄いと言えるでしょう。

高齢者向けの製品ならテレビCMや、折込チラシを使った宣伝や、高齢者の方をモデルにした方が効果的です。

自社の製品をどう言った方に利用して欲しいかを明確にすることで、効果的に顧客とのコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

4C分析はどんな時に使うのか?

4C分析_事例_4C分析はどんな時に使うのか?

4C分析っていつすればいいの?

それでは、4C分析はどのような時に用いられるのでしょうか?

4C分析を行うタイミング

  • 新しいことを始めるとき
  • 企業の戦略を考えるとき
  • 競合の調査をするとき

「新しいことを始めたい」

「企業の戦略を考え直したい」

そんな時に4C分析が活用できます。

日々流行が変わり、ニーズが多様化しているこの世の中で、顧客視点に立つことでスムーズに施策・戦略の立案ができます。

また、競合の調査をしたい時にも有効です。

競合と比較して自分たちの商品が劣っているようでは、顧客に商品やサービスを利用してもらえなくなります。

自分たちの商品が競合と比べ、差別化ができているかという視点で施策を考えていきましょう!

4C分析と他の分析フォーマットの違い・関係性|具体例あり

4C分析_事例_4C分析と他の分析フォーマットの違い・関係性|具体例あり

4P分析や3C分析って聞いたことあるけど、4C分析とどう違うの?

よく似たフレームワークに「4P分析」や「5C分析」がありますが、「4C分析」との違いはなんなのでしょうか。

4C分析と他の分析フォーマットの違い

4C分析と4P分析の違い

4P分析とは自社の「商品」、「価格」、「流通」そして「販売促進」の4要素から行うマーケテイング分析の手法です。

4P分析の要素

  • Product:商品
  • Price:価格
  • Place:流通
  • Promotion:販売促進

4つのPから始まるワードから分析を行うため、4P分析と呼ばれているんですね!

4P分析についての詳しい記事はコチラをご覧ください。

それでは4C分析と4P分析のマーケティング戦略での位置付けをみてみましょう。

マーケティング戦略の流れ

マーケティング戦略の流れ

4C・4P分析は、ともに「どのように提供するか」を決める段階で用いられます。

4C・4P分析を通して、「自分たちのターゲットにどのようにアプローチしていくのか」を明確にすることができます。

しかし、結局違いはなんなのでしょうか・

2つの違いは、分析する立場です。

4P分析は「商品を提供する企業側」で、4C分析は「商品を利用する顧客側」で商品を分析していきます。

4C分析の要素

  • 4P分析:「商品を提供する企業側」
  • 4C分析:「商品を利用する顧客側」
クマパン
4C分析は4P分析の後に考えられたんだよ!
ところで、なんで、両方の視点から考えてるの?
ゆうくん

4C分析が誕生する前までは企業は「商品の性能をあげよう」「商品の見た目をよくしよう」と商品のことばかり考えていました。

しかし、流行の変化が激しく、消費者のニーズが多様化している現代では、ただ商品の質をあげるだけではだめになってきました。

そこで、顧客視点に立ち、ニーズに応える商品やサービスを開発するために、4C分析が考えられました

現在では、購買行動につなげる戦略の組み合わせとして4P・4C分析の両方が重要とされています。

4C分析と5C分析の違い

5C分析は「自社」、「消費者」、「競合他社」、「中間顧客」そして「地域」の5要素からなる分析の手法です。

以前までは3C分析として「自社」、「消費者」、「競合他社」の3要素での分析がポピュラーでした。

しかし、市場がどんどんと複雑化していく現代において3C分析は不十分であるとされ、現在は5C分析が用いられることが多いです。

5C分析の要素

  • Company:自社
  • Consumer:消費者
  • Comptitor:競合他社
  • Customer:中間顧客
  • Community:地域

5C分析は行うことで、現在の自社を取り巻く状況や自社の成功要因を明らかにすることができます。

つまり周囲に対しての自社の強みを理解する手助けになります。

5C分析も4C分析と同様に、何かを始めるときや新しいマーケティング戦略を考える際に有効です。

例えばなにか商品を売るときは、基本的にその商品の目玉ポイント(強み)を押し出して販売しますよね。

それと同様に5C分析で自社のつよみを見つけることでこれからの方向性を確立することができます。

また、4C分析と5C分析の違いはなのでしょうか?

4C分析が自社のサービスや商品をより良いものにしていくための分析手法であるのに対し、5C分析は会社自体をより良いものにしていくための分析手法です。

4C分析で自社の商品やサービスを見直すとともに、必要に応じて5C分析も活用することでより効果的なマーケティング戦略を立案できるでしょう。

具体例でわかる4C分析|ユニクロ

4C分析_事例_具体例でわかる4C分析|ユニクロ

4C分析を行った具体的な事例を教えて!

それでは、4C分析の理解を深めるために「ユニクロ」を例に4C分析を行ってみましょう

ユニクロは「4P分析」の記事でも取り上げたので、ぜひ参考にしてください。

ユニクロで4C分析

ユニクロで4C分析

いかがでしょうか。

4P分析は、企業目線で商品を見ていますが、4C分析では、顧客視点で商品を見ていますね

客観的な視点で商品を見てみることで、新しい気づきが得られるかもしれませんね!

4C分析をもっと効果的に行うためには?

4C分析_事例_4C分析をもっと効果的に行うためには?

4C分析を効果的に行うにはどうすれば良い?

ここで、4C分析を効果的に行う方法についてご紹介していきます。

実際に4C分析を行う際の参考にしていただければ幸いです。

STP分析の後に行う

4C分析は、必ずSTP分析を行った後にしてください。

なぜなら、顧客視点で考えなければならないのに、その顧客を明確にしていないと4C分析を行えませんよね。

顧客のイメージを明確にすることで、4C分析の精度を高めることができますよ。

STP分析にに関しての詳しい記事はコチラをご覧ください。

SWOT分析と一緒に行う

4C分析はSWOT分析と一緒に行うことが効果的であるとされています。

SWOT分析は、自社の内部環境と自社を取り巻く外部環境を「強み」、「弱み」、「機会」そして「脅威」の4要素に分解して分析するフレームワークです。

SWOT分析に関しての詳しい記事はコチラをご覧ください。

SWOT分析の要素

  • Strength:強み
  • Weakness:弱み
  • Opportunity:機会
  • Threat:脅威

SWOT分を行うことで多角的な視点から見た具体的な戦略の立案に役立ちます。

4C分析と同時に、もしくは4C分析の結果をもとにしてSWOT分析を行い、より正確な戦略を建てましょう!

各要素は常に一緒に考える

4C分析は顧客視点にたって、4つの項目に対して分析をおこないます。

しかし、それぞれの「C」は必ず関連性を持たせるようにしてください!

例えば、顧客にとってあまり価値のないものなのに、無駄に費用が高い。

とてもいい商品なのに、購入するのに手間がかかってしまう。

そんなようでは、顧客に最高の価値を提供できなくなってしまいます。

それぞれの「C」の間に矛盾がないようにすることで、分析の精度をあげることができます。

4C分析まとめ

4C分析_事例_4C分析まとめ

最後に、4C分析を的確にするのに大切なことは「常に顧客視点に立つこと」です。

サービスを考える際に「どうすれば、顧客に喜んでもらえるだろう?」「顧客にとって最高の価値は何か」

このような視点を常に持つことで、その思いが顧客に伝わり、あなたのビジネスは成功に繋がっていきます。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

-フレームワーク