フレームワーク

3C分析とは?やり方や目的を事例でわかりやすく解説

3C分析とは?

企業として、消費者の要望にこたえるサービスを提供することがとても大切です。

そのためにも「今の消費者はどんなものを求めているのか?」「自分たちの強みや弱みは何か?」「競合はどんなふうに成功しているのか?」を把握しておくことが必要です。

しかし、そうは言ってもどんなふうに調査したらいいのかわからない方も多いのではないのでしょうか。

そこで今回は、3C分析の方法ややり方、目的について事例を交えて詳しく解説していきます。

 

3C分析とは

まず、3C分析とは、Customer(市場・顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)と言う立場から分析することで、自分の取り巻いている環境を漏れなく分析できる手法のことです

このフレームワークは1982年にマッキンゼーの経営コンサルタントだった大前研一氏によって提唱されました。

3C分析の目的

3C分析

3C分析

どんなマーケティングのフレームワークにも目的があります。3C分析をする目的は自分たちのKSF(Key Success Factor)を明確にすることです。

ゆうくん
「Key Success Factor」って何?

Key Success Factorは成功要因とも呼ばれ、事業を効率よく成功に導くための要因です。

KSFがあれば、自分たちがどのような方法性を持っておけばいいのかが明確になります。

例えば、あなたが勉強をして資格を取得するというゴールを決めるとしましょう。

そうすると、その目的を達成するために「必要な勉強時間」「勉強する学習教材」などが要因として考えられます。

この「勉強時間」「教材」などがKSFに当たります。

「勉強時間」と「教材」が決まることで、自分が何をどのように、どれだけ勉強すればいいのかが明確になりますよね。

企業も同じでKSFの設定は物事を行なっていく上でとても重要になってきます。

3C分析のやり方

それでは、3C分析のやり方についてご紹介していきます。

市場や顧客(Customer)について分析する

まず最初に自分たちを取り巻く環境要因である、市場や顧客に関して分析していきます。

おすすめは世の中全体を分析(マクロ分析)した後に、自分たちの市場環境を分析する(ミクロ分析)ことです。

マクロな要因を考える(PEST分析

人口の分布や、株価などのお金の動きを見たり、技術の発達を分析することで自分たちの事業がある市場にどのように影響を与えるのかを分析していきます。

ここでは「PEST分析」を用いることをおすすめします。

PEST分析とは?

自分を取り巻く環境を政治、経済、社会、技術の項目に分けて分析するフレームワークです。

「PEST分析」について詳しく知りたい方は過去の記事を参考にしてください。

PEST分析とは?コツと事例でわかりやすく学ぼう!

ミクロな要因を考える(ファイブフォース分析

市場に対しての分析が終われば、次に市場の中で自分たちの企業に影響を与えそうな要因について分析していきます。

ここではファイブフォース分析を用いることで簡単に行うことができます。

ファイブフォース分析とは?

自分たちの事業を取り巻く脅威を「業界内の競合」、「新規参入」、「買い手の交渉力」、「売り手の交渉力」、「代替品」の5つに分けて分析するフレームワークです。

「ファイブフォース分析」について詳しく知りたい方は過去の記事を参考にしてください。

ファイブフォース(5Force)分析とは?事例でわかる活用法

競合(Competitor)について考える

次に競合(Competitor)について分析していきましょう。

ゆうくん
競合のどんなところを分析したらいいの?

競合をただ単に分析して終わるだけではもったいないです。ここでは、競合を分析する際にどんなところを意識するかについてご紹介します。

どんなビジネスモデルか

競合がどんなビジネスモデルかを分析してみてください。

ゆうくん
ビジネスモデル?

ビジネスモデルとは、その企業が「どんな価値を、どのようにして消費者に届け、どのように収益を得ているか」を現したものです。

例えば、Googleのビジネスモデルは、「利用者に対して、最適な検索結果を提供して、企業から広告費をもらって収益を得ている」です。

競合のビジネスモデルを理解することで、競合との差別化や自分の企業の独自の強みがわかります。

なんで成功したのか

ただ、競合について分析して、「へー、こんな企業なんだ」だけで終わってしまってはもったいないですよね。

競合がどのように成功したかを分析することで、自分たちの成功に利用することができるかもしれません。

  • 競合はどんなリソースを持っているのか?
  • どんな販売経路を持っているのか?
  • 業界において競合のシェアは?
クマパン
自分たちにとって利益につながりそうなものがあれば、取り入れることもできるよ!

自社(Company)を考える

最後に、自社について見直してみましょう。

  • 「自分たちしか持っていないものは何か?」
  • 「自分たちの弱いところは何か?」
  • 「お客さんはなんで自分たちの商品を選んでくれているのか」

このような観点から分析してみてください。

おすすめのフレームワークは「VRIO分析」です。

VRIO分析とは?

経済的価値(Value)、希少性(Rarity)、模倣可能性(Imitability)、組織(Organization)の観点から、企業の強みや弱みを分析していくフレームワークです。

また、自分の内部環境だけでなく強みと弱みだけでなく、自分周りの外部環境も同時に分析できるSWOT分析も使ってみましょう。

SWOT分析とは?

自社を取り巻く環境を「強み(Strengths)」「弱み(Weaknesses)」「Opportunities(機会)」「Threats(脅威)」4つに分解して分析する手法です。

また、それぞれを組み合わせて新たな発見をすることができます。

クマパン
詳しく知りたい方は、過去の記事を参考にしてね!

SWOT分析のやり方は?事例からわかりやすく解説!

抑えておきたいポイント

次に3C分析を行うにあたって、抑えてもらいたいポイントをご紹介します。

3つのCは組み合わせて考える

それぞれ3つの「C」について分析してもらいましたが、集めたそれぞれの「C」の情報を組み合わせて分析するようにしてください。

独立で考えるよりも、それぞれを組み合わせることによってより濃厚で、再現性の高い分析結果にすることができます。

組み合わせた場合の分析例はこんな感じです。

ポイント

  • 顧客は、なんで他の会社を選んでいるのか?
  • 競合は、市場をどうやって利用しているのか?

ポイント

  • 顧客はなんで、自社を利用してくれているのか?
  • 自分たちは市場上でどんな立ち位置にいるのか?

ポイント

  • 競合が自社と比べて優れている(劣っている)ところは?
  • 競合と自社のシェアの違いは?

ネットの情報だけで満足しない

情報は自分の足で集めるのがベストです。

最近は、ネットで調べることで、なんでも知ることができるようになってきましたが、それだけでは不十分な場合が多いです。

例えば、飲食店の例で言うと、ネット上のクチコミを書いている多くの方は、若い方が多いので、若い方の意見に偏ってしまいます。

しかし、実はお年寄りの利用の方が多くお年寄りからは、また違った意見を得られるかもしれません。

実店舗がある場合には、アンケート調査をするなど、実際に自分の手で情報を集めるようにしてください。

BtoBの企業なら「6C分析!」

6C分析

6C分析

これまで説明してきた、3Cは主に顧客は一般の方を対象とした「BtoC」の企業向けの分析方法でした。

しかし、「BtoB」の企業に勤めている方は、自社の業界だけでなく、「顧客の業界」も把握しなくてはいけません

そのため、自分たちの3Cに加えて顧客の3Cを分析する「6C分析」をする必要が出てきます。

スターバックスの事例

それでは、ここから3C分析のイメージを分かりやすく理解するために、スターバックスを例にあげて実際に3C分析を行なってみようと思います。


    • 自宅でコーヒーを飲みたい人が多くなってきた
    • 喫茶店の店舗数が減少傾向
    • 「スタバでコーヒー飲んでいるのかっこいい」感が出る

    • 質の高いコーヒー豆をしよう
    • メニューとカスタマイズが豊富
    • オリジナルグッズがおしゃれ

    • 値段がリーズナブル
    • 商品の種類はそこまで多くない

スタバは、自分たちの商品や、店舗でのイメージを消費者に明確に伝えることで、他のコーヒーチェーン店と差別化ができているといえそうですね!

ビジネスを成功させるために最も必要なことを分析しよう

事業で成功させるために最も基本的なことは以下の3つです。

  • 消費者のニーズにあった商品を提供する
  • 自社の強みと弱みを把握する
  • 他社の成功要因を分析する

この基本ができていないと、検討外れな施策をしてしまって時間と労力を無駄にしてしまいます。

3C分析を正しく活用して、自社の利益向上に役立ててください!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

-フレームワーク